• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  06:20 PM

まだ割らないで! カップラーメンを食べる時の、割り箸の便利な使い道

まだ割らないで! カップラーメンを食べる時の、割り箸の便利な使い道

130122cup_noodle_chopsticks.jpg


日本が世界に誇る発明の1つであるカップラーメン。節約したい時のランチの一品や、小腹がすいた時の夜食として、愛食している人も多いかと思います。

具材を入れて、お湯を注いで待つだけと、調理方法も簡単。ですが...その調理の過程で、私を悩ませる3つのポイントがあるのです。


1.液体スープやオイルが入った別袋を開ける時、中の液体が指に付いてしまう

2.別袋の中の液体スープやオイルを、きれいにすべて出すことが難しいうえ、ムリに絞り出そうとすると指に付いてしまう

3.お湯を入れてフタを閉めたあと、シールや重しがないとフタが開いてしまう


私にとっては、どれもがカップラーメンのデキに関わる重大な問題。しかし...この3つの悩みすべてを、カップラーメンのお供である割り箸が解決してくれることが判明しました!


1.別袋を開ける時の使い方

130122cup_noodle_chopsticks_1.jpg

別袋を、切れ込みが入った側の端から割り箸で挟み込み(どこからでも切れるタイプならどちら側からでもOK)、中の液体を囲い込むように割り箸をスライドさせ、切れ込みのないほうに液体を寄せます。


130122cup_noodle_chopsticks_2.jpg

切れ込みが入った側の別袋がペチャンコになり、中の液体がほとんど入っていないことが確認できたら、切れ込みから別袋を開けます。液体が一気に出ないように注意しながら、挟んでいた割り箸を引き抜きます。


2.別袋の中の液体をきれいに出すための使い方

130122cup_noodle_chopsticks_3.jpg

前述の1のように別袋を開けたら、まずは中の液体を95%くらい、指先で押し出します。最初から中身を100%出そうとして、別袋の端のほうまで指で押し出してしまうと、指先に液体が付いてしまう恐れがあるので注意してください。


130122cup_noodle_chopsticks_4.jpg

液体の残りがわずかになったら、別袋の開いていない側の端を、先ほど引き抜いた割り箸で挟み込みます。割り箸で別袋を締め付けるようにしながら、開いている側までゆっくりスライドさせます。最後に少しだけ残った中の液体も割り箸の先端に付着するので、食べる時にスープで溶いてしまえばOK。潔癖性の人には、先に別袋を軽く洗うことをオススメします。


3.フタが開かないようにするための使い方

130122cup_noodle_chopsticks_5.jpg

容器の縁とフタの出っ張り部分を、割り箸の手元のほうで挟み込みます。この時、割り箸を割ってしまわないよう注意してください。


おわかりだと思いますが、3つの使い方に共通するのは「割る前限定」というところ。所定の時間を待ってから、きれいに割ってご賞味ください!


(奥洋介)

Photo by i_yudai.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.