• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,  01:00 PM

面接で答えにくい3つの質問に対して、他人と差をつける答え方

面接で答えにくい3つの質問に対して、他人と差をつける答え方

121228_Question.jpg


就職の面接を受けることになったら、その会社について勉強したり、面接で聞かれそうな質問の答えを準備したりすると思います。では、他の面接者と差別化するにはどうすればいいでしょうか? 面接というのは、単に質問に答えればいいというものではありません。面接のスキルは体系的に伸ばすことができるものです。

今回は、面接でもっとも答えにくい3つの質問を例にあげ、一般的に多くの人がどう答えるか、他の人と差をつけるにはどう答えればいいかを見ていきましょう。


■あなたの職歴についてお聞かせください

【一般的な答え】
えー...まずAcme Corp社でマーケティングの仕事をしました。それから、A&B社でマーケティングの管理職に就き、日々、メールの管理をしていました。その後、現在のC&D社に勤め、PRとマーケティングコミュニケーションの担当をしています。


【差をつける答え】
これまでの職務経験の中で、特にお伝えしたいことは3つあります。1つ目は、PRや広告、マーケティングコミュニケーションも含めて、マーケティングの幅広い経験があるということです。2つ目は、ある程度のことを学んできたという背景に加えて、最近ではEメールマーケティングの経験もあります。最後に、私は常に高いレベルのスキルを身につけようと努めています。それが、私がA&B社やC&D社へと転職した理由でもありますし、こうやって今ここでお話できていることにも、とても気分が高揚しています。


<差がつく理由>

人事担当者は、履歴書に書いてある順番に会社名を聞きたいと思っているのではありません。それは履歴書に書いてあることです。自分の経歴の中でも、特に強みとなることについて話した方が断然価値があります。面接の前に準備をしてきておけば、自分の経歴の中でも重要となるポイントが分かっているはずです

例えば上記の場合では、面接者がこの職種にはある程度の量の仕事をこなしている経験が必要だと気付いたので、経歴の中からある程度のマーケティング業務をこなしているというアピールをしています。



■あなたの弱点を教えてください

【一般的な答え】
真面目に働き過ぎるあまり、時に完ぺきさを求め過ぎるきらいがあるところです。


【差をつける答え】
社会人経験の大半をほとんどひとつの業種で過ごしたため、視点が偏りがちなところがあります。もちろん、さまざまな部署での職務経験はありますし、実際に他の人よりも速くプロジェクトを進められるという強みもあります。しかし、異なる業種やカルチャーでの経験をしたいと思っているところです。今回御社に応募したのはそのためです。


<差がつく理由>

これは多くの面接者が踏みやすい地雷のような質問です。「私は朝は機嫌が悪くて、時間管理がうまくありません」とあまりにバカ正直に答えようものなら、すぐさま面接から落とされます。かといって、あきらかに見え透いたウソをつくのもよくありません。したがって、正直に自分の弱点を話しつつ、どのように克服してきたかを慎重に説明するのがいいでしょう。


■社内の人間と問題が起きた時はどのようにするか教えてください

【一般的な答え】
同僚と自分の意見が食い違うことは何度かあります。それ自体は良くないことですが、結局はうまく解決してきました。


【差がつく答え】
以前、自社の社長に仕事のアイデアをプレゼンする機会がありました。社長はそのアイデアを気に入ってくれたのですが、副社長がそのアイデアを却下しました。私はなぜ却下されたのか分かりませんでした。正直に言うと、最初はうろたえましたが、その問題についてよくよく考えると、私の計画では副社長の仕事にマイナスの影響を及ぼすことに気が付きました。私は副社長のところに行き、自分のアイデアの見落としについて謝罪し、今後は常に副社長にも計画に関して報告することを約束しました。それ以降、そのような問題は起こりませんでした。


<差がつく理由>

ここでのポイントは2つあります。ひとつは、長く説明しながら答えた方が、面接者がどのようにしてその状況を解決してきたかが分かりやすいです。次に、就職の面接では、いかに具体的に話すかというのが大切です。特定のことを話した方が、より面接官の印象に残ります。


面接は、自分を取り繕ったり、薄っぺらなウソや建前を話すところではありません。自分の一番いいところを面接官に伝え、自分が募集職種に最適かどうか、互いに見極めるところです。その他、面接に臨む前の参考記事として「採用面接で『際立つ』ためにやるべきこと/やめるべきこと」や「採用面接での『何か質問はありますか?』をチャンスに変える5つの質問例」も併せてどうぞ。


Ramit Sethi(原文/訳:的野裕子)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.