• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  07:00 PM

強力で、体と環境に優しく、香りまで良い...理想の洗剤を発見!【第3回:J.R.WATKINS】

強力で、体と環境に優しく、香りまで良い...理想の洗剤を発見!【第3回:J.R.WATKINS】

121231recommend_cleaner_jrwatkins.jpg


年末の恒例行事である大掃除に欠かせないのが洗剤


「洗浄力」はないと困るけど、「体への安全性」「環境負荷」も気になる

本当は「香り」「パッケージデザイン」にもこだわりたい


まわりの友人たちに、どんな洗剤が欲しいかを聞いたところ、ほぼ全員から同じような答えが返ってきました。と同時に、誰一人としてそのニーズを満たせてはおらず、どこかしらで妥協を余儀なくされていたこともわかりました。

でも、もう大丈夫。そんなみんなの願いを満遍なく叶えてくれる理想的な洗剤が、遠く海外から日本に上陸しているのです。しかも、それがたった1つではなく、いくつも...!

ということで、この短期連載では、ライフハッカー[日本版]が太鼓判を押すオススメの洗剤ブランドを紹介していきたいと思います。第3回は、アメリカ発のブランド「J.R.WATKINS(ジェイアールワトキンス)」です。


1868年、ミネソタ州のウィノナという街で産声をあげた「J.R.WATKINS」は、140年以上もの歴史を誇るナチュラルプロダクトのパイオニア。創業時は植物由来の原料を使った製薬会社でしたが、医薬品だけでなく、天然の原料を使った食品なども手がけていました。創業者であるジョセフ・レイ・ワトキンスさんの哲学にのっとり、現在でもすべての製品を95%以上、植物由来の成分で製造しているうえ、合成化合物は一切使用していません

その歴史を象徴するようなクラシックモダンなパッケージデザインも、「J.R.WATKINS」の魅力の1つ。洗剤などのホームクリーニング用品は、デザイン面をおざなりにされてしまうことが多いのですが、これなら戸棚の奥に隠す必要もありません。僕のまわりでは、ちょっとしたプレゼントとしても重宝されています。

使ってみてもっとも感じるのが、その香りのフレッシュさ。すべて天然の香料を使用しているからか、最初に強く香ったかと思うと、いい感じにふっと消えていくのです。「いい香りでも、強すぎるのは苦手」という人にも、抵抗なく使ってもらえると思います。

しかし! 「J.R.WATKINS」の最大の魅力は、僕は"手に取りやすい価格"だと思っています。良い原料を使えば、その分、コストがかさむのは当然のこと ─── そんな先入観を見事に覆してくれました。コストパフォーマンスが良いうえに、ラインナップも幅広いので、一度使ってしまったら次々と欲しくなってしまう...。そんな恐ろしい魅力が、「J.R.WATKINS」の商品にはあるのです。


J.R.WATKINS

(奥洋介)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.