• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  11:00 AM

インドで「一日一粒で医者いらず」とされる果実が風邪対策に効果的らしい

インドで「一日一粒で医者いらず」とされる果実が風邪対策に効果的らしい

121225mylohas_india_2.jpg


先日、インドで「若返りの秘薬」とされる果実「アーマラキー」の粉末が抜け毛に効くらしいと紹介しましたが、今度は風邪対策です。記事冒頭の画像に写っている「アムラー(amla)」、冬になるとあちこちの八百屋に並ぶほどインドではポピュラーな果物らしく、これがバツグンの風邪対策になるのだとか。

前回のアーマラキーに引き続き、ロハスライフを提案するサイト「MYLOHAS」が取り上げていました。このアムラー、なんでも「一日に一粒食べれば医者いらず」と言われるほどに優秀なのだそう。


アムラーのビタミンCの含有量はレモンの10倍、ポリフェノールは赤ワインの30倍にあたり、古来からインドでは風邪のみならず、動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病など様々な疾患の治療に使われてきました。

インドの伝統医療アーユルヴェーダにおいても、アムラーは三大果実(トリファラ)として位置づけられるほどに重要な存在。なぜならば、アムラーには、味の基本である6味(甘、酸、苦、辛、塩、渋)のうち、塩味を除く全ての味が備わっているのです。


アーマラキーも「一粒に約3000mgものビタミンCが含まれている」など、かなり優秀な成分を持っていましたが、アムラーも負けず劣らずの優等生フルーツ。また、相当複雑な味がしそうなところも、なんだか気になります。

MYLOHASによると「(アムラーは)生ではかなり酸っぱくて渋いのが難点。インドでは砂糖漬けのドライフルーツやアチャールというスパイシーなお漬物にして食べる」のだとか。たしかにこれなら食べやすそうです。また、アーマラキー同様、熱に強いビタミンCのため、粉末にしてお茶に入れたり、料理に加えたりもするそう。

インドの人たちは、アーマラキー&アムラーでたっぷりのビタミンCを日々補給しているのでしょうね。少しあやかって、私たちも意識したいところです。アムラーは日本でも通販などで入手できるそうです。購入先などその他の詳細は、下記のリンクよりチェックしてみてください。


インド流カゼ対策! 1日に一粒食べれば医者要らずのスーパーフルーツ「アムラー」とは? | MYLOHAS

(ライフハッカー[日本版]編集部)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.