• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,  09:00 PM

年末年始のパーティーで守っておいた方がいい5つのルール

年末年始のパーティーで守っておいた方がいい5つのルール

121217_Party_01.jpg


お付き合いのクリスマスパーティーというのは、良くても参加するだけの退屈な集まりかもしれません。最悪なのは気まずさを誤摩化すためにひたすら飲んで悪酔いするというものです。パーティーに参加する同僚やクライアントは選べませんが、理性を保ったまま確実にやり過ごしつつ、しかも仕事上の人間関係を良くすることもできます。

今回は、年末年始のパーティーで守っておいた方がいい5つのルールをお教えしましょう。



1. カジュアル過ぎず、仕事のことも忘れずに装う

まず頭を悩ませるのは服装のこと。仕事の付き合いで参加するパーティーでは、いつものビジネススタイルで行くべきか、パーティー的なフォーマルで行くべきか、どのような格好で行くのがふさわしいかというものでしょう。基本的にはどのようなパーティーなのかにもよりますが、ドレスダウンし過ぎるよりは、ドレスアップしていた方が大体において無難です。無礼講のカジュアルなパーティーだとしても、会社関係のパーティーであるということをお忘れなく。同僚や上司が同席することもあるでしょうし、いつものビジネススーツで行くのはやめて、できるだけプロフェッショナルに徹してアイデアをひねってみてください。


2. パーティーに行く前に何か食べておく

121217_Party_02.jpg

ほとんどのパーティーには食事がありますが、それでお腹を満たそうと考えない方がいいです。パーティーで出されるオードブルにはさまざまな種類がありますが、大体塩辛かったり、脂っこかったり、甘すぎたりすることが多いです。そのせいで喉が渇きやすくなり、アルコールを飲みすぎてしてしまうことにもなりかねません。また、そのパーティーでたくさんの人と握手を交わすかもしれないことを考えると、理想的な食べ物ではありません。同僚と話しながらチキンの手羽元にかぶりついている姿は、決してお客さんに見せられたものではありません。

その代わりに、同じパーティーに行く同僚や仲間と、事前に少し食事をしておきましょう。そうすれば、あちこちでオードブルを軽くつまみながら、しかしガッつくことなく、にこやかにおしゃべりできます。事前もお腹に入れておけば、飲んでも酔っぱらいにくくなるでしょう。

Photo by US Army Africa.


3. アルコールはほどほどに

121217_Party_03.jpg

ほとんどのパーティーでアルコールは不可欠ですが、これが悲劇を生み出す要因でもあります。とにかく、自分の酒量をわかった上で飲み、失態をさらすのは、せいぜい自分の上司くらいにとどめられるようにしましょう。

もちろん、まったく飲まないという手もありますが、ほんの少し飲んだとしても適当なところで止められるのであれば、それがいいと思います。くれぐれも、決して飲み過ぎないように。一晩に1~2杯アルコールを飲んだら、あとはノンアルコール飲料やお水でしのぐのがいいのではないでしょうか。この程度であれば、節度を保った状態でいられ、月曜にみんなの話題になるような失敗をすることもありません。


4. できるだけたくさんの人と話す

ここまでは「やらない方がいいこと」が中心でしたが、ここからはパーティーの恩恵を最大限に活かす方法をお教えしていきます。会社や仕事上のイベントではありますが、さまざまな人と出会える機会でもあります。特に、普段はなかなか会話ができないような忙しい立場の人と話せることもあります。ウォールストリートジャーナルでも「パーティーは普段話す機会のない人と話すいい機会だ」と言っています。


パーティーは、同じ会社の他の部署の人と話すいい機会になります。Pinnockさんも「普段話さない人と話しましょう。そのような時に人間関係を作ることが、日々の会社生活に生きてきます」と言っています。

クライアントがいる場合は、必ずしも自分のためにならないとしても、少しでも話してください。「クライアントと仕事以外の話をしようとしなくてもいいです。ただ、ようこそいらっしゃいましたという歓迎のご挨拶と世間話をして、いいホストであるように努めます」とPostさんは言っています。


121217_Party_04.jpg


キャリアコンサルタントの「Monster」は、参加する人のリストを事前に用意しておくと、パーティーに戦略的にのぞむことができると勧めています。


会社のいつものメンバーや同僚と、一晩中飲んでしゃべっていたいと思うかもしれませんが、キャリア専門家であり『301 Smart Answers to Tough Business Etiquette Questions』の著者でもあるVicky Oliverさんは、パーティーの前に参加者のリストを準備しておくと実りあるものになると言っています。「上司や同僚、社内のライバルなど、普段は競争相手だと思っているような人とも、気軽に話すことができます」


ただし、ひとりと長く話しすぎたり、じっくりと話し込むのはよくないです(特に仕事の話で)。「About.com」では、「ひとりと会話するのは数分にとどめ、他の人のところに移動するようにしましょう」と勧めています。すべての人と世間話や天気の話だけをするよりも、誰かとじっくり会話するのはいいものですが、たくさんの人と話せる機会に、自分の人生についてひとりに熱く語るのはもったいないということです。


5. 主催者にきちんとお礼を言って帰る

最後に、パーティーが終わったらきちんと時間通りに退出し、主催者の人にお礼を言って家に帰りましょう。少し飲み過ぎてしまった時は、タクシーに乗って家に帰った方がいいこともあります。次の日の朝、二日酔いになっていたら、3番目のルール(アルコールはほどほどに)が守れていないということになります。それでは翌日の仕事に差し支えてしまいます。くれぐれも、飲みすぎ、食べすぎ、しゃべりすぎにはご注意を。


Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.