• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  03:00 PM

色の組み合わせがキモ! カラープランナーが教えるクッションカバーの選び方

色の組み合わせがキモ! カラープランナーが教えるクッションカバーの選び方

121220glitty_cover.jpg


私事ですが、先日引越しをしました。その際、不要品を処分してみると、出てくる出てくる...いったいどれほどのゴミを捨てたのかわかりませんが、部屋もだいぶスッキリ。と、なると、気持ちにも余裕が出てきたのか、部屋のインテリアを見直してみたくなりました。

そんな時に出会ったのが、恋愛スタイリングメディア「Glitty」で、カラープランナーの松本英恵さんが教えてくれていた「クッションカバーの色合せテクニック」の記事。クッションカバーも選び方によって、部屋の演出に一役買ってくれるのだとか。そのコツを簡単にまとめてみると以下の通り。


■トーンで見せる、無地×無地
無地のクッションは、トーン(色調)をそろえると、多色づかいしてもキレイにまとまります。プラム、オリーブ、ビリジアンといった、深みのあるトーンでそろえると大人っぽいイメージに、マスタード、ミント、ホワイトといった、淡いトーンでそろえるとかわいいイメージになります。

■カラーで主張する、柄物×無地
柄物のクッションをコーディネートするときは、カラー(色相)をそろえて統一感を出すとよいでしょう。これからのシーズンは、赤を効かせると、クリスマスらしさを演出することができます。

■アートな空間を演出する、柄物×柄物
個性的な柄は、無地と合わせると無難になりがち。質感やテイストが異なる柄物を組み合わせて、アートな空間を演出してみてはいかがでしょうか。


さすがカラープランナーらしいアドバイスといったところでしょうか。クッションカバーであれば数百円程度から手に取れるので、予算があまりなくてもトライしやすそうです。Glittyの記事ではIDEEやFrancfrancで販売中の商品を例に挙げていましたので、よりイメージがつかみやすいかと思います。下記のリンクよりどうぞ。


お部屋のイメージづくり☆クッションカバーの色合わせがポイントだった! | Glitty

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Thinkstock/Getty Images.

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.