• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

年吉聡太  - ,,,,,,,  01:00 PM

人生をうまく回すコツは、「習慣化」する力を磨くこと

人生をうまく回すコツは、「習慣化」する力を磨くこと

121218book-to-read.jpg


読書/資格の勉強/語学の勉強/片づけ/日記、ブログ/家計簿/貯金、節約/ダイエット/ランニング/早寝早起き/禁煙...。

30日で人生を変える「続ける」習慣』(古川武士著、日本実業出版社)の著者は、まず冒頭で「このうち、1つか2つは、あなたがかつてチャレンジし、挫折してしまった「習慣」ではないでしょうか?」と問いかけます(2ページ)。たしかに思い当たることはいくつかあります。誰しもなにかを続けたいと思っているものですが、実際に続けられるのはほんのひと握りの人たちなのですから。

しかしダイエットであれ禁煙であれ、あらゆることを「習慣化」する力(=続ける習慣)を身につけることでハードルを乗り越えられると著者は主張します。そしてそのためには、3つのステップを踏まえることとその対策が大切なのだとか。要点をチェックしてみましょう。


ステップ1 反発期【1日〜7日】 ── やめたくなる(65ページより)

この期間には、次のような症状が表れるそうです。



  • すぐにやる気が落ちて三日坊主に終わる

  • 計画に無理があって途中であきらめてしまう

  • 日がたつごとに行動が億劫になっていく


この時期は続けることがとにかく苦しいのですが、逆にいえばここを乗り越えれば4割は成功したも同然だといいます。そして、反発期を乗り越えるための対策は次のふたつ。


1.ベビーステップで始める(72ページ)

「赤ちゃんの一歩」という意味で、つまりは「小さく始めましょう」ということ。

2.シンプルに記録する(81ページ)

記録すると、客観的に分析できるうえに行動にムラがなくなり、モチベーションが上がるそうです。



ステップ2 不安定期【8日〜21日】 ── 振り回される(89ページより)

この期間にみられる症状は以下のとおり。



  • 決めた時間に予定が入ってサボってしまう

  • 残業やプライベートの予定で行動にムラが出る

  • 天候や急な予定で行動できない日が続く


そして乗り越えるためには、必要な3つのステップは以下の通りだといいます。


1.パターン化する(93ページ)

日時、内容、場所をパターン化することで、リズムがついて忘れにくくなるといいます。

2.例外ルールを設ける(99ページ)

イレギュラーな出来事が起きたときの対応をルール化しておくと、柔軟に対応できるようになるのだとか。

3.継続スイッチをセットする(105ページ)

これは「継続の工夫」のこと。自分にご褒美を用意するなど、自分にとって効果的な「継続のツボ」を利用するというわけです。



ステップ3 倦怠期【22日〜30日】 ── 飽きてくる(111ページより)

誰しもが直面する倦怠期には、「次にチャレンジする習慣を考えてプランを作っておくこと」が大切だといいます。こうすれば、いまの習慣を身につけたあとに次の山を目指すことができ、よい習慣が連鎖的に増えていくのだとか。ポイントは、次の2点です。


1.優先順位をつける(125ページ)

自分にとってもっとも効果的な習慣を選び、優先順位の高い習慣を選ぶといいそうです。

2.計画しても実行しない(125ページ)

欲張ると挫折の原因になるので、あくまで一度にひとつの習慣を身につけることが原則。いまの習慣を終えたあとにスタートするための計画を立てることにとどめておくべきだといいます。



本書にはこれ以外にも、「続ける」ための手段が数多く紹介されています。続けられずに悩んでいる人は、ぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。


本書を手に取った方は、どんな感想をもったでしょうか。Facebookページでも下記のコメント欄でも、ぜひ教えてください。


(印南敦史)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.