• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,  10:00 AM

どんな状況でも「少なからず自分にも責任がある」と思った方が幸せになれる

どんな状況でも「少なからず自分にも責任がある」と思った方が幸せになれる

121212_Responsibility.jpg


例えば、自動車事故にあった際は、世の中に出て行動したり、人や何らかに関わっていたりする以上、あなたにも多少なりとも責任があるといえるはずです。そんな時、相手を非難して、自分は被害者だという態度を取る人もいますが、音楽配信サービス「CDBaby」の創立者のDerek Siversさんは、自分の行動にある程度責任を持った方がはるかに幸せになると言っています。


これは相手に謝らせるよりもいい方法です。相手が謝っている時は、自分は被害者の役割を演じているはずです。相手が悪くて、自分は悪くないという状況を、互いに演じているようなものです。しかし、相手のひどい行為を寛大な気持ちで許してみてください。しかも、自分にも非があるかもしれないという気持ちを持つと、すばらしいことが起こります!

これで不当な扱いを受けることがなくなります。あなたが作り出した状況に合わせた役割を、相手も演じるようになります。あなたが準備したジョークさえ言うようになります。なんということでしょう!

まるで新しいスーパーヒーローのように、自分の新しい強みを発見できます。起こった出来事や失敗から学ぶことができれば、とても強い人間になります。不満を言うこともなくなれば、そのような状況をコントロールすることもできます。


もちろん、どんなことにも応用できる戦略というわけではありません。自分の身に起こったことに対して、少なからず自分にも非があるかもしれないと考えることが、常にいい結果をもたらすとは限りません。

しかし、極端な場合を除いて、このやり方は正しいと思います。自分の行動には(どんなことであれ少しは)責任を取るという気持ちがあれば、多くのものを得ることができます。相手がどういう人かを知るきっかけをもらえることもあります。

何かが起こった時に「自分は悪くない」と決めつけるのは簡単ですが、自分の言動に少しは責任を取ろうという気持ちになれば、信じられないくらい結果が良くなったり、気持ちが楽になったりするような状況に変わるのです


Everything is my fault | Derek Sivers

Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

Photo by Willee Cole (Shutterstock).

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.