• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

nanapho  - ,,,,  07:00 PM

LINEやTwitterなどWindows 8対応ソーシャルアプリが登場予定

LINEやTwitterなどWindows 8対応ソーシャルアプリが登場予定

121217nanapho-mssocial-01.jpg


Windows 8のアプリストア「Windowsストア」に、国内向けソーシャルアプリが続々登場しそうです。

2012年12月14日、日本マイクロソフトは「Windows 8対応ソーシャルアプリに関する記者説明会」を開催し、未発表アプリを含む4社の最新アプリを公開しました。会場にはmixiTwitterAmebaブログLINEの担当者が勢揃い。続々とWindows 8への対応を表明しました。

発表の詳細は以下の通り。

(写真は左からミクシィの戸高氏、Twitterの牧野氏、日本マイクロソフトの藤本氏、サイバーエージェントの長瀬氏、NHN Japanの舛田氏)



Webページや写真を「チャーム」から共有できるmixiアプリ

4社の中で最も先行しているのがmixiです。すでにWindowsストアに公開されているmixiアプリについて、開発を担当するミクシィ メディア統括部 Windows 8ユニットプロダクトオーナーの戸高慎一郎氏が説明しました。


121217nanapho-mixi-01.jpg

mixiのWindows 8アプリ


まずmixiの基本データとして、月間ログインユーザー数は1400万人(2012年6月時点)、スマートフォン経由の月間アクティブユーザー数(MAU)が800万人(2012年7月時点)に達していることを発表。まだまだ日本ではmixiが広く使われていることをアピールしました。

Windows 8アプリの特徴として、画面の右端に表示するメニュー「チャーム」の共有機能により、いま閲覧中のWebページや、Windows 8の写真ライブラリから任意の写真を簡単に共有することが可能な点が挙げられます。Windows 8の新機能をさっそく活用できるアプリとなっています。


121217nanapho-mixi-02.jpg

チャームの共有機能に対応


もちろん友人の更新情報を見たり、日記やつぶやきの投稿といったmixiの基本的な機能にも対応。Windows 8の操作に慣れないビギナー向けに、チュートリアル機能も搭載しています。

アプリの開発チームはエンジニア2~3名、デザイナー2名という小規模なもの。しかし6月に開発に着手した後、10月26日のWindows 8の発売日には正式版をリリースしています。「開発環境にあらかじめ用意されているテンプレートを利用することで、スピーディに開発を進めることができた」(戸高氏)として、Windows 8のアプリ開発環境を高く評価しました。

今後も機能面でのバージョンアップを予定しており、サーバー側から更新情報が自動的に送られてくる「プッシュ通知」にも対応予定とのことです。


TwitterのWindows 8アプリは開発中、しかし詳細は非公開

続けて説明を行ったのは、Twitter Japan パートナーシップディレクターの牧野友衛氏。牧野氏によれば、Twitterのアクティブユーザーは1億4000万人以上、50%以上が毎日ログインしており、特に55%がモバイルからログインしているとのことです。


121217nanapho-twitter-01.jpg

Twitterの最新データ


しかしWindows 8対応の公式アプリについては「開発中」との発表のみで、具体的な機能や画面キャプチャ、リリース予定などの情報は一切公開できないとのことでした。


121217nanapho-twitter-02.jpg

公式アカウントによるツイート以外の情報は非公開


最近では、Lazyworm社のWindows 8対応Twitterアプリ『Tweetro』が公開を中止したことが話題となりました。この背景にはTwitterのサードパーティ製クライアントに関する方針変更があります。サードパーティのTwitterクライアントを10万以上のユーザー(トークン)に提供する場合、Twitter社の許可が必要となっています。しかしTweetroにはこの許可が降りなかったため、公開中止となりました。

ほかにもWindowsストアには『MetroTwit』を始めとするサードパーティのTwitterクライアントは存在するものの、Twitter公式のアプリについては依然として詳細が分かっていません。会場の記者からも、「APIを制限するからには、Twitterが責任を持って公式アプリをリリースすべきでは?」との指摘も聞かれました。


Amebaの「芸能人・有名人ブログ」に特化したWindows 8アプリ

Amebaブログを運営するサイバーエージェント 技術部門 執行役員の長瀬慶重氏は、同ブログの人気コンテンツ「芸能人・有名人ブログ」に特化したWindows 8アプリを開発中と発表しました。2013年1月10日にWindowsストアへの公開を予定しています。


121217nanapho-ameblo-01.jpg

Amebaの芸能人・有名人ブログアプリ


現在、Amebaブログには50ジャンル・1万3000人もの有名人がブログを開設しているとのこと。複数の有名人ブログに定期的にアクセスしている読者も少なくないでしょう。そこでこのアプリでは、Windows 8アプリをサイドバーのように表示する「スナップ」表示に対応し、複数のブログ記事を次々と読めるように工夫されています。


121217nanapho-ameblo-02.jpg

スナップ表示したアプリから次々とブログを表示できる


これまでスマートフォン向けに多数のアプリを企画・開発してきたサイバーエージェントでは、Windows 8にも積極的にアプリをリリースする予定があるとのこと。すでに第二弾、第三弾のアプリも計画しているそうです。

最近、なにかと話題の芸能人・有名人ブログですが、Windows 8アプリの登場により、さらに注目が集まることは間違いなさそうです。


LINEアプリはチャットやトークを快適に使える

最後は、いま最も勢いのあるLINEです。LINEを運営するNHN Japan 執行役員/Chief Strategy&Marketing Officerの舛田淳氏は、まずLINEの最新データを紹介。LINEのユーザー数は世界に8500万人、うち日本国内で3700万人(12月12日現在)に達していることを明らかにしました。

すでにWindows PhoneアプリもリリースしているLINEですが、Windows 8対応のLINEアプリは12月下旬のリリース予定。年内にWindowsストアに登場することになりそうです。Windows 8のModern UIに完全対応し、タッチ操作でも使いやすいインターフェイスになっています。


121217nanapho-line-01.jpg

LINEのWindows 8アプリ


Windows 8のスナップ機能に対応し、LINEの友だちをサイドバー状に表示できます。メインの画面でWebサイトなどを閲覧しながらチャットできる「ながらチャット」に対応。また、「LINEユーザーは複数のトークを同時進行することが多い」(舛田氏)ことから、トーク中の友だちをタブで切り替える機能も搭載しています。


121217nanapho-line-02.jpg

スナップ表示に対応、複数のトークの切り替えも簡単


現在のLINEユーザーは4割以上が日本国内と、まだまだ日本での利用が中心です。今後のLINEの方向性について舛田氏は、「様々なプラットフォームに対応することでグローバル展開を目指したい」と発言。その第一歩として、Microsoftが強力に推進するWindows 8とWindowsストアに注目しているとのことです。

一方、Windows 8の特徴でもあるのが「Peopleアプリケーション」によるコミュニケーションです。たとえばMicrosoftの一部門となった「Skype」のWindows 8アプリは、Skypeの連絡先をPeopleアプリケーションに統合する機能に対応しています。

この点について質疑応答で指摘がありましたが、舛田氏は「LINEユーザーはスマートフォンを利用しているのが前提。その上で、Windows 8にも対応する」と回答。連絡先の管理にはWindows 8ではなくスマートフォンを重視する意向を示しました。


高品質なアプリのリリースに期待

Windowsストアのアプリ数について、アプリをカウントしている「MetroStore Scanner」によると、12月17日現在で3万を超えていることが分かります。他のアプリストアに比べると、アプリ数という点では大きく出遅れている印象を受けます。

121217nanapho-social-02.jpg

Windowsストアに公開されているアプリ例


この点について日本マイクロソフト 業務執行役員 Windows 本部 本部長の藤本恭史氏は、「Windowsストアでは、数を追い求めているわけではない。アプリの品質やユーザー体験を重視している」と説明しています。このことから、今後公開される予定のTwitter、Amebaブログ、LINEの各アプリについても、しっかりした品質が確保されて公開されることが期待できそうです。


(山口健太・Windows Phoneジャーナリスト、ななふぉ管理人)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.