• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,,,  09:00 AM

すべてのデータを削除する「デジタル清算」でたまった情報も大掃除!

すべてのデータを削除する「デジタル清算」でたまった情報も大掃除!

121213_DigitalCleaning.jpg


この1年間、デジタルライフにはさまざまな導入や追加があったのではないでしょうか。Twitterでフォローする人が増え、購読するRSSが増え、メールの受信箱にメールがあふれ、Instapaperに読み切れないほどの記事が保存され...年末の大掃除は何も家の中のことだけではありません。散らかったデジタルライフを片付けるのに、ブロガーのFrank Chimeroさんは「すべてを捨てて一からやり直すのもいい」と進めています。

昨今のデジタルツールは、おそろしく簡単に新規追加ができます。Twitterで新しい人をフォローするのは1秒、Instapaperに記事を送るのは1クリック、スマホに新しいアプリを追加するのには2秒...という感じです。そうやってたくさんのものを追加し過ぎた状態が少し重荷になっているのであれば、すべてを捨ててしまう時がきたのかもしれません。

Chimeroさんはこれを「デジタルジュビリー」と呼んでいます(ジュビリーとは、すべての借金が帳消しになったり、罪が特赦されたりする祝祭のようなこと)。


ジュビリーは、たとえ自分自身に与えたものであろうと、抑圧的で過剰な期待から解放してくれます。今年は受信トレイのアーカイブも、RSSの購読フィードも、Twitterのフォローも、すべて削除してしまう「デジタルジュビリー」を実行しようと思います。もちろん、時がたてばまた新しいもので満たされていくと思いますが、その度に何度でも一掃しようと思います。


筆者は、これと同じようなことを昔やったことがあるそうです。去年、自分のRSS購読をすべて削除して、一から新しいものを探して追加し始めました。先週は「Pocket」に保存しておいた200本の記事をすべて削除しましたが、そのうち195本は未読だったとか。

新しい情報、ニュース、記事などみんなの興味があることを常にチェックしていたいという気持ちは誰にでもあります。しかし、ツールの中にはゴミのようにすぐたまっていきます。一度すべてをキレイになくして、新たに自分の興味があるもので作り直すというアイデアがデジタルジュビリーです。日本語で言うなら、デジタル清算といったところでしょうか。特定のツールにしか必要ないと思いますが、自分の興味が雑多になり過ぎて埋もれているようならば、きれいに清算してやり直すのにいい方法です。

ただし、すべてを削除しなくてもやり直す方法はたくさんあることはお忘れなく。情報が手に負えないほどたまってしまった時は「すべてを清算するいいタイミングかもしれない」ということです。


Digital Jubilee | Frank Chimero via Enough

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.