• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  08:00 PM

ナントお値段2,000円! アプリ『デジタル大辞泉』の実力とは?

ナントお値段2,000円! アプリ『デジタル大辞泉』の実力とは?

1212daijisentop011.jpg


2000円のアプリってすごい...。

世界にアプリは数あれど、単価は数百円までが一般的です。少し高価なもので1000~1500円
くらいまでがほとんどです。そんな中『デジタル大辞泉』のお値段は2000円。かなり高価です。きっと非常に役立つアプリだということは想像ができますが、かといって、簡単に試すには尻込みしてしまう価格です。

そんな方に、Androidアプリのレビューサイト「TABROID」で、実際に入れてみてレビューをしている記事がありましたのでご紹介します。


レビュー筆者も「いままでの人生で最も高価なアプリ」という『デジタル大辞泉』。レビューではウィキペディアとの比較が行われています。


まずは私の故郷、「佐渡島」を検索です。デジタル大辞泉はシンプルですが必要最小限にまとめられています。仮にこの説明をサラッと口頭で言えたら、かなりの識者のはず!

一方ウィキペディアには「沖縄に次ぐ面積」といった小ネタがある仕込まれているものの、基本的に大辞泉と同じ。大辞泉のまとめの上手さが光ります。


総じて、単純な情報量はWikipediaに分があるようですが、『デジタル大辞泉』もきちんと必要なところは押さえているようです。

他にもネット接続がなくても使える点も強み。また、Wikipediaは情報の信頼性に不安があります(つい先日こんな出来事もありました。ロケットニュース24記事より)。いつでも好きなときに正しい情報が呼び出せる安心感に高い価値を感じる方も多いのではないでしょうか。

レビュー記事では2つのスクリーンショットを使って徹底比較を行っておりますので、気になった方はぜひ下記のリンクからどうぞ。


詳しく読む(TABROID)>>

(ライフハッカー[日本版]編集部)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.