• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,  07:00 PM

思い当たりますか? 誰もが必ず陥る「プロジェクト二日酔い」に悩まされない方法

思い当たりますか? 誰もが必ず陥る「プロジェクト二日酔い」に悩まされない方法

121203-project-hangover.jpeg


長期にわたって関わった巨大プロジェクトが完了しました。あなたはいま、達成感に満たされています。しかし、高揚した気分の裏で自己批判の感情がむくむくと湧き起こり、あなたを悩ませ始めます。「あれは失敗だった」「あそこはもっとうまくできたはず」...。こういった現象を、ブロガーのSarah Peckさんは「プロジェクト二日酔い」と呼んでいます。

多くの人にとって「プロジェクト二日酔い」は避けがたいもの。Peckさんによると、気持ちの準備をしておくことでプロジェクト後のずいぶん違うそうです。


どんなプロジェクトでも、そのサイクルには「二日酔い」フェーズが必ず含まれます。プロジェクトについて考えるのも聞くのもうんざりだ、と感じる時期が必ずやってきます。そんな時は、ペンを置き、仕事を中断し、一歩下がって、フィードバックに耳を傾け、休息をとるようにします。静かに考えにふける一夜を持つようにしましょう。私の経験では、あらかじめ気持ちの準備をしておくことで、「二日酔い」の痛みをかなり軽減することができます。


もしあなたが、プロジェクトの後で自己批判の気持ちに悩まされるタイプなら、その時期が来ることをあらかじめ考慮し、心の準備をしておきましょう。Pecksさんも指摘するように、強い自己批判の感情が生まれるのは、あなたがそれだけプロジェクトに深くコミットしたからなのです。あらかじめ心の準備をしておき、自責の念にかられないよう感情をうまくコントロールしてください。


Project Hangovers and Self-Criticism | Sarah Peck

Thorin Klosowski(原文/訳:伊藤貴之)

  • ,,,,,,,,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored by 東京四社営業委員会 2017年1月30日から新たにスタートした東京都(東京都23区、三鷹市、武蔵野市)のタクシー初乗り運賃。これまでの700円〜730円/2kmが、380円〜410円/1.052kmと近距離の移動がおトクになり、「気軽にタクシーが利用できる!」と話題となっています。では、忙しいビジネスパーソンにとって、単なる移動手段だけではなく、タクシーだからこその使い方  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.