• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  -   06:00 PM

キーボードを木製に換える『Lazerwood Keys for Apple Wireless Keyboard』良いところ、悪いところ【前編】

キーボードを木製に換える『Lazerwood Keys for Apple Wireless Keyboard』良いところ、悪いところ【前編】

121210mac.jpg


こんばんは、傍島です。

Apple Wireless Keyboradのキートップを木製に換えてくれる『Lazerwood Keys for Apple Wireless Keyboard』を購入しました。Macらしい面白い製品なので、前編・後編に分けて、『良いところ』と『悪いところ』をご紹介します。

パソコンを道具として割り切れば、こうした製品は、能率が上がるワケではないので、必要の無いコストがかかる品です。しかし、道具以上の愛着を少しでも感じているならば、より気持ちよく使う為のサプリメントとなるはずです。

それでは、『良いところ』を紹介します。


『Lazerwood Keys for Apple Wireless Keyboard』のキートップの素材は、Walnut(ウォールナット)とCherry(チェリー)から選択できます。Walnutの色が少し暗いと感じたので、明るめのCherryを選択しました。

価格は、本体が$40、日本までの送料が$6なので、合計$46で購入できます。注文してから10日ほどで手元に到着しました。

1.素晴らしい加工精度

こうした類の製品は、写真写りは非常に素晴らしいが、実物を見てみると、加工精度がイマイチでガッカリすることがあります。Lazerwood Keysは、Apple Wireless Keyboardにも寸分たがわずフィットします。ファンクションキーのイラストも綺麗に再現されて、Appleの加工精度にもヒケを取りません。



2.視覚・触覚・嗅覚で楽しめる

木製のキートップは、表面処理はされているものの無垢に近いので、指先に木の感触が伝わるのが新鮮です。使い込むと、色変わりして艶が出てくると思うので、どのように変化していくか楽しみです。楽しみと言えば、もうひとつあります。木の香りが心地良く、視覚や感覚だけではなく、嗅覚でも存在を感じられます。



3.かわらない使い勝手

純正キーボードに取り付けるタイプなので、使い勝手が落ちるのでは?と心配する方がいるかもしれません。その心配は無用で、何かを我慢しなければいけないようなことはなく、これまでと変わらない感覚で使えます。また、キータッチも変わりません。


後編では、『悪いところ』をご紹介します。お楽しみに。


Lazerwood Keys for Apple Wireless Keyboard

(傍島康雄)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.