• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

年吉聡太  - ,,,,,  11:00 AM

モバイル通信費節約術〜通信量を測ってみたら月2980円で運用できた

Sponsored

モバイル通信費節約術〜通信量を測ってみたら月2980円で運用できた

121205fuLH01.jpg


この記事を読んでいる人のなかには、モバイルWi-Fiルーターを仕事に活用しているという人も多くいると思います。なかでもLTEに対応したモバイル回線は、とにかく高速。メールやブラウジングはもちろん大容量のファイルのやりとりなど含め、ストレスを感じることなく使えることを実感できます。ただ、ここでライフハッカーからひとつ提案です。

フュージョン・コミュニケーションズから提供されている「楽天ブロードバンドLTE」の「アクティブプラン」。月額2980円でXi回線を利用できるデータ通信用SIMサービスです。その低価格設定はなによりも魅力的。

ひと月に利用できるデータ通信量に制限があるのですが、普段のモバイル通信の使用量を測ってみれば、制限の枠内でも十分だということもありえます。編集部でも使ってみました。普段使いに採用できれば、安くて速いと揃っているので、言うことナシです。


ルーターを選ぶ楽しさもある

まずは、アクティブプランの特徴を箇条書きでまとめます。

  • 初期費用:4200円
  • 毎月かかる料金:2980円(+ユニバーサルサービス料3.15円)
  • 毎月利用できるデータ通信量:1.9GB


先述した通り、ドコモのLTE網Xiを使用しています。サービスエリアについては、NTTドコモのこちらのサイトから確認できます(ちなみにライフハッカー編集部のある渋谷・南平台オフィスや渋谷駅近辺ではエリア圏内でした)。例えば東京23区内のエリアマップは下記の通り。Xiの対応エリアも拡がっている印象がありますね。


121205fuLH03.jpeg


契約時に標準SIMとマイクロSIMのいずれかを選択できます。で、契約後10日〜2週間ほどでSIMカードが届いたら、手持ちのXi対応ルーターに挿し込んですぐに使える、というわけです。


121205fuLH05.jpg


手元に使っていないXiルーターがあるならば、そのまま使えば問題ありません。SIMなしのルーターはネットショップなどで取り扱いがありますし、オークションサイトなどでも多数出品されています。契約申し込み後、SIMカードが届くのを待っている間に手配してもいいでしょう。


121205fuLH06.jpeg


今回はL-04Dの白ロムを入手しましたが、ネットオークションでの相場は4000円前後。値段の幅はありますが、好みのモデルを自分で選べるのは嬉しいかも。予備バッテリーを買い増すのもいいですね。


3日で192MB、ひと月1.9GBは「アリ」か「ナシ」か

いざ使うとなると、データ通信の「制限」が気になります。こちらのページにもあるとおり、LTEの高速通信が得られるのは、3日間で192MBまで。ただし192MBを使い尽くしても、まったく通信ができなくなるわけではありません。最大100kbpsでの通信を継続して利用できます。ひと月あたり、合計1.9GBのデータを使用できるというわけです。


121205fuLH02.jpg


192MBといっても、なかなかイメージが湧かなかったので、ライフハッカーの編集スタッフ2名が実際に使ってみました。

A. 「デスクワーク中心」の編集部Tの場合

普段からモバイルWi-Fiルーターを使用していますが、仕事ではデスクワークが中心。たまの取材時にモバイル回線につなぎ、メールをチェックするという使い方が多いです。メールに添付されたPDFファイルをチェックすることもありますが、ルーターを介したメールの送受信は、1日せいぜい20通程度といったところ。そのほかの使い方としては、常用しているEvernote上でデータを同期すること。Evernoteには画像を上げるよりも、取材メモなどのテキストベースで作成したノートが多いです。あとは、空いた時間にカフェなどで資料の作成を2日に1時間程度。必要な情報をウェブ閲覧で拾ってきたり、Dropboxに入れておいた画像データを出し入れする、という感じです。


B. 「外出先での仕事が多い」ライターIの場合

もっぱら外出先で作業をしています。メールのやりとりウェブ閲覧はもちろん、取材時の音声データを編集部に送ったり(60分弱の取材時のWMAファイルで、20MB程度)、撮影した写真をまとめてアップロードしたり(1枚あたり200KB程度にリサイズして送っている、一度に30枚程度)。あとは、編集部から送られてくるPDFファイルもダウンロードして目を通します。あとは、YouTubeの動画をちょっとしたスキマ時間で息抜き程度に見たり(1日30分程度、どうせ見るならHD画質)。

一般に、テキストメールであれば1通あたり約20KBだといわれます(全角300文字の場合)。また、PC版のYahoo!トップページで約220KB。編集部T曰く、「いざ大容量のファイルを扱うときのために」LTEのモバイルWi-Fiルーターを持ち歩いているといいますが、上記のような使い方ならば、3日にならしても192MBを超えることはそうないといえるでしょう。もっぱら外出先での仕事をしている上記Bのケースならばともかく、アクティブプランを活用して運用コストを抑えることも十分に考えられそうです。


月額でお得、キャンペーンでもお得

普段モバイルWi-Fiルーターを使っていて、エリアや速度のことを気にする機会は多分にありますが、毎月払う料金については諦めてしまっていました。自分の使い方を改めて見直してみるだけで月々のコストは、意外に安くなりそうです。こちらのページには、楽天ブロードバンド調べの通信量目安が載っています。1.9GBで何がどれだけできるかを知るためのご参考まで。

さらに2012年12月7日現在、通常4200円の初期費用が半額になるキャンペーンを実施している様子です。申込時、楽天スーパーポイントももらえるようで、とくに楽天ユーザーにはお得なタイミング(詳しくはこちらをご確認ください)。いっそのこと、楽天オークションでルーターを購入してポイントを活用するというのも手だと思います。


121205fuLH04.jpeg


サービスのより詳細な情報は、以下のページからも確認してみてください。自分らしくモバイルWi-Fiルーターを活用したいというユーザーならば、検討の価値あり、ですよ。


楽天ブロードバンド LTE|楽天ブロードバンド

(ライフハッカー[日本版]編集部)


MORE FROM LIFEHACKER

powered by

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.