• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

年吉聡太  - ,,,,  09:30 AM

たまねぎ氷がビジネスパーソンを活性化させる

たまねぎ氷がビジネスパーソンを活性化させる

121207book-to-read.jpg


たまねぎを丸ごとレンジでチンして、ミキサーにかけてから冷凍庫へ。

これだけでできあがる「たまねぎ氷」の効能を説いた一冊の本が、ロングセラーを続けています。『病気にならない! たまねぎ氷健康法』(村上祥子著、アスコム)がそれ。

「血管を10歳以上若返らせる」、「血液サラサラにして、高血圧、ボケを予防」、「糖尿病を防ぐ」、「骨粗しょう症を予防」などの効能を目にすると、感心する反面、「まだまだ自分には関係ないな」と感じる方も少なくないでしょう。なるほどこれらの文言は、あたかもお年寄り向けであるかのような印象を持たせもします。

ただ、じっくり読んでみると、本書に若いビジネスパーソンにも有効な情報が盛り込まれていることにも気づくはず。そこできょうは、「たまねぎ効果」をすぐに実感できそうな項目をいくつか引き出してみることにしましょう。


疲労回復(40ページより)

仕事に追われると疲れがたまり、なかなか回復しないもの。また、ちょっとしたことでイライラしたり、やる気が起こらなくなったりと悪循環になりかねません。著者によれば、これはビタミンB1不足がもたらす弊害であるようです。

というのも、ビタミンB1が足りないと疲労、イライラ、意欲減退などの症状が起こりやすくなるのだとか。しかしたまねぎのイオウ化合成分はビタミンB1と融合してアリチアミンという物質に変わり、体内にビタミンB1を長くとどめて吸収をうながすのだそうです。効果をさらに高めるためには、たまねぎ氷と、ビタミンB1の多い食べもの(豚肉、豆腐、ハム、カツオ、うなぎ)などを組み合わせるといいといいます。


やせる、むくみをとる(42ページより)

  • 体のガソリンである糖の代謝をよくする
  • 脂肪の吸収を抑える
  • 毒素を排出する
  • 代謝を挙げて余分な水分を排出してむくみをとる
  • 腸内に善玉菌を増やして便通をよくする

このような効果があるため、たまねぎ氷はダイエットにも効果的なのだとか。余計な水分が出ていくと、体重がストンと減るそうですから効果に期待したいところです。


かぜ予防・解熱・セキ止め(48ページより)

かぜや発熱はビジネスの大敵。場合によってはビジネスチャンスを逃すことにもなりかねないので、なんとしてでも避けたいところです。とはいえ、健康管理に気を遣うのはなかなか難しいですよね。そこで、たまねぎ氷です。

たまねぎの抗菌・抗ウイルス作用は、黄色ブドウ球菌やジフテリア菌を殺菌するほどパワフルで、風邪の予防効果も大きいのだそうです。ノドがよくイガイガしたり、セキの出やすい人は、たまねぎ氷にぬるま湯を注いで溶かし、一日に何度もうがいをするといいそうですよ。いかにも効果がありそうですね。


不眠、頭痛をいやす(50ページ)

仕事に悩みはつきもの。しかし悩みは不眠や頭痛を誘発することもあるので、なかなか厄介です。しかしたまねぎのイオウ化合成分にはストレスをなだめ、気持ちを穏やかにする働きがあり、たまねぎのビタミンB1には神経の働きを正常に保ち、神経をしずめて不眠を遠ざける働きがあるのだとか。そこで、神経をなだめる作用のある牛乳にたまねぎ氷を加え、暖めてゆっくり飲むと効果は絶大。ウイスキーやブランデーを少したらすのもいいそうですよ。


「まだ若いから」という気持ちもわかりますが、少なくとも健康に気を使っておいて損はありません。続けるのが大変なものであるば話は別ですが、1週間にたったの100円で体質が改善できるなら、取り入れてみる価値はあるかもしれません。ぜひ一度、チェックしてみてください。ビジネスに、間接的ながら大きな効果をもたらしてくれる可能性は少なくありませんよ。


(印南敦史)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.