• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,,  10:00 PM

大画面Skype™は必見! 『スマートなテレビの選び方』 第2回Ust放送レポート

Sponsored

大画面Skype™は必見! 『スマートなテレビの選び方』 第2回Ust放送レポート


インターネットと接続してテレビの機能を拡張する「スマートテレビ」について、ライフハッカーの兄弟メディア「ギズモード・ジャパン」が、パナソニック提供のもと全3回のトークライブをお送りしていることは、先日も告知させていただきました

さて、11月20日放送のトークライブ第2回、お楽しみいただけましたでしょうか。今回もパナソニックから発売中の「スマートビエラ」シリーズを例に取り、『ビエラ・コネクト』と『タッチパッドリモコン』をテーマにお届けしました。

司会進行はギズモードでも執筆しているフリーライターの三浦一紀さんとラジオDJのサッシャさん。ゲストとして、お買い物ナビメディア「@DIME」編集長の宮澤さん、ビデオブロガーのジェット☆ダイスケさん、そしてライフハッカー編集長の年吉も参加し、和やかな雰囲気で番組は進行しました。

まだご覧になっていない方、内容を振り返りたい方のために、今回は第2回放送のポイントをまとめてみました。放送内でポイントに触れた時間帯も併記しますので、記事冒頭のアーカイブ映像と合わせてお読みいただければと思います。


■ビエラ・コネクトでできる大画面Skype™が熱い!(11:55~)


121129viera_report_2.jpg


まず、テーマのひとつがビエラ・コネクト。スマートビエラをインターネットに接続することで、各種WebサービスやVOD(ビデオ・オン・デマンド)を楽しめる機能です。今回は中でもSkype™に注目。何はなくとも、この大画面Skype™が熱いのです


121129viera_report_3.jpg


スマートビエラにはすでにSkype™がインストールされているため、別売りのカメラ(写真は純正の「TY-CC20W」)を接続するだけで、高画質・高音質なビデオ通話を始められます。


121129viera_report_4.jpg


普段からドイツにいる家族とSkype™を楽しむというサッシャさん。番組では実際にSkype™をつないでみて、ゲストのジェット☆ダイスケさんと会話してみることに。細部までハッキリわかる高画質と、大画面ならではの等身大なリアルさに、ジェット☆ダイスケさんも驚きを隠せない様子。ちなみにジェット☆ダイスケさん側もスマートビエラでSkype™を使用しています。


ジェット☆ダイスケ:スマートビエラでSkype™は初体験なんですけどすごく面白いですよね! 普段ちっちゃいノートPCでSkype™をやっているんですが、画面に集中しちゃうじゃないですか。そうじゃなくて、ちょっと離れた感じで見られるんですよね。そうすると、相手の部屋と「つながっている」ような感じで見える。あらためて電話をかけるようにつなぐというよりは、おばあちゃんの家の居間とずっと一日中つなぎっぱなしでも面白いんじゃないかと思いました。


これには、放送中のソーシャルストリームに「テレビでSkype™が使えるとすっごく実用的!」や「実家の親に孫の顔を見せたい」など、視聴者から好感触なコメントもありました。やはり、大画面でSkype™というのは、ひとつの未来形といえそうです。


121129viera_report_5.jpg


スマートビエラならではのSkype™の限定機能「画面分割」も紹介。Skype™をしながら一緒にネットゲームをしたり、サッカー中継を見たりできるのです。音声の切り替えもできます。


121129viera_report_6_2.jpg


また、電話感覚でSkype™を使えるのも特徴。通常、PCやスマートフォンではSkype™を立ちあげていないと通話できません。しかし、スマートビエラでは自動でアプリが立ち上がり、着信を知らせてくれます。操作に慣れていなくとも使える親切設計といえます。


121129viera_report_7.jpg


もちろん、スマートビエラ同士ではなく、PCやスマートフォンともSkype™通信が可能。画質は回線速度やカメラにもよりますが、条件次第ではかなりの高画質で表示できるようです。


■YouTubeやVODで、いつでもコンテンツを楽しめる(32:00~)


121129viera_report_8.jpg


ビエラ・コネクトなら、大画面でYouTubeも試聴できます。HD画質に対応した動画なら一層楽しめるでしょう。上の写真は、サッシャさんが世界一の高さからバンジージャンプ(六本木ヒルズのテッペンから飛んだのと同じだとか!)をした時の動画を再生したところ。臨場感があり、怖さがより際立ちました...。出演者からも、YouTubeに関して以下のようなコメントがありました。


サッシャ:最近はYouTubeのコンテンツがほとんどHD画質になってますし、スマホで撮ってもビデオカメラで撮ってもHD画質じゃないですか。それをPCやスマホの小さな画面で見るのは「もったいない!」。最大限に楽しむとしたら、大画面のテレビで見るのが最高でしょう。

年吉:(ビエラ・コネクトでは)YouTubeが特に楽しいなと思います。エンタメコンテンツはもちろん、YouTubeは「ハウツー動画」の宝庫でもあります。ライフハッカーでも「ジャケットのきれいな折り畳み方」などの紹介をしましたが、そういうことは言葉より動画で説明した方が早く伝わる。そういうものがテレビでサッと見られて、高画質でディテールの詳しいところまでわかるのはいいですね。


121129viera_report_9_2.jpg


他にも「アクトビラ」や「hulu」などのVOD(ビデオ・オン・デマンド)も楽しめます。利用できるサービスの一覧はこちらより。近所にレンタルビデオ店がなくても、家から手軽に、好きな時にコンテンツを楽しめます。また、上の写真は「ソーシャルネットワーキングTV」を使っているところ。TwitterやFacebookのタイムラインを見ながらテレビ放送やコンテンツを楽しめます。

この後、ゲスト3人を交えながら、Skype™やYouTube、VODについて、さまざまな意見が交わされました。ジェット☆ダイスケさんが「最近は動画をアップする方もフルHD画質じゃないといけない気になる」など、ビデオブロガーらしい悩みを話す場面も。視聴者の方からも、ビエラ・コネクトには「迫力がありますなぁ」、「UIが使いやすそう」、「これが使いこなせたらめっちゃスマート!」などのコメントが寄せられていました。


このように、ビエラ・コネクトならあらゆる動画コンテンツを、ひとりはもちろん、家族や友達と共有して楽しみやすいといえるでしょう。皆さんなら「どのようなコンテンツを、どのような時に楽しみたい」と思いますか?


■理想のリモコンについて盛り上がるトーク(1:19:20~)


121129viera_report_10.jpg


番組後半では、もうひとつのテーマであるタッチパッドリモコン(写真左)を皮切りに進行。ビエラには標準リモコンの他にタッチパッドリモコンがついています。「マウスを逆さまにしたようなカタチ」で、使い勝手はノートPCのタッチパッドとほぼ同じです。もちろん、標準リモコンならではの使いやすさもありますので、用途に応じた使い分けがよさそう。ビエラであれば、以前にも紹介しましたが、リモコンの代わりに「ビエラリモート」アプリを使ってスマートフォンからも操作できます。


121129viera_report_13.jpg


話はやがて「理想のリモコン」とはなんだろう? という展開に。


ジェット☆ダイスケ:地方によっては使わないチャンネルがあるのに、ボタンがあるのが不思議。そこがカスタマイズできたらいいのに(三浦さんから「コストが高くなる!」とツッコミが...)。

宮澤:油汚れなどが気になるので、水洗いができる「防水リモコン」が欲しい。

年吉:同じところばかり使うので、利きにくくなるボタンが決まってくる。なので、ボタンごとに押しやすさや強度など、細かく設定できるといいかもしれない。


また、ギズモードが事前に採ったアンケートでは、こんなコメントも。


・視力が弱くなってきたご年配の方でも操作がしやすい
・物理ボタンでなくて、液晶画面で必要なものだけ呼びだせる
・電池交換が不要、電池残量が見えるリモコン...など。


サッシャさんからは「左利き用のリモコンがあってもいいのでは?」という提案も。これには一同納得でした。宮澤さんは「リモコンのこの素材...ゴムっぽい手触りが昔から好きなんです。リモコンはつい触ってしまう素材感...例えば肉球みたいな感じなんかでもいいと思うんですけど、感触の大切さも忘れないでいてほしいですね」と、多くの家電を見てきたからこそのこだわりも。リモコンひとつにも、さまざまな思い入れがあるものです。


■エンドトーク(1:50:00~)


121129viera_report_12.jpg


番組の最後には、出演者の皆さんから今回の放送に対してコメントがありました。スマートテレビだけでなく「テレビ」そのものの考え方にも迫る、示唆に富む内容でした。


年吉:(スマートテレビは)自分勝手に楽しめるのがとてもいいなと思っています。テレビ局の放送を見るだけではないし、リモコンも好きなように動かせる。そこは自由でいいな、という気がしました。


宮澤:Skype™など新しい使い方が広がっていく中で、よくよく考えてみたら「テレビ電話」ってまさにこのことを言うんじゃないかと。ものすごい勢いで進化をしているんだと感じます。


ジェット☆ダイスケ:タブレットとかスマホとかを含め「画面がついているものはコンテンツビューワーなんだな」という意識を持ちましたね。テレビっていう言葉は業界、放送など範囲が広すぎてどこを指しているかわからない。最近は「つまらない」とも言われる。でも、今日見た「テレビ」はとても面白かった! だから、テレビなんて言い方は、もうやめてしまった方がいいかもしれない。


サッシャ:ジェット☆ダイスケさんの話を受けると、テレビは「テレビジョン=遠くを見る」ですよね。今回のSkype™もそうですが、これで本当に遠くが見えている状態になってきて、かえって名前を変える必要はないのかもしれない。やっと「テレビ」という言葉に中身が追いついてきたといえる。昔は居間にひとつあるだけの存在だったテレビが、Skype™などによって場所をつなぐ存在にもなってきた。使い方がより広がって、テレビにまた「集まってくる」時代になってきたと思います。


三浦:最近はテレビ放送を見なくなってきたところでしたが、スマートテレビであれば「もっとテレビに触れる機会が増える」と感じました。これだけさまざまなコンテンツがあって、大画面で見れるとあっては、活用したいし、もう欲望にあらがえない(笑)。


■次回は12月5日(水)21時から!


121129viera_report_11.jpg


第3回は『お部屋ジャンプリンク』と『画質』をテーマにお届けします。お部屋ジャンプリンクは、三浦さんいわく「ある意味、目玉といってもいいくらいの機能」とのことで、こちらも楽しみです。


放送日時:12月5日(水)21時(22時30分終了予定)
※放映日時や内容は変更する場合があります
放送場所:USTREAMギズモード・ジャパン専用チャンネル(PC版モバイル版


次回もゲストを交えてお届けする予定。番組初の女性ゲストの参加もある...とのウワサ。お時間が許せば、ぜひ。番組専用ページはこちらよりどうぞ。


テレビはライフスタイルで選ぶ時代 知ってますか?スマートなテレビの選び方!

プラズマテレビ/液晶テレビ ビエラ | Panasonic

(長谷川賢人)


MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.