• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,,,  01:30 PM

Gmailで「10GBのファイル挿入」が可能に!? そのワケはGoogleドライブにアリ

Gmailで「10GBのファイル挿入」が可能に!? そのワケはGoogleドライブにアリ

121129gmail_10gb_1.jpg


得意先にデータの大きいファイルをメールで送る際、どうしていますか。「firestorage」や「データ便」などのデータ転送サービスを利用するのも手ですが、あなたがGmailユーザーであれば、もっと手軽に大容量ファイルを送れるようになりました。

Googleは、メールサービス「Gmail」とストレージサービス「Google ドライブ」の連携を強化したと発表しました(英文)。この機能は米国で先がけて導入されていましたが、すでに日本ユーザー向けにも実装が済んだようです

この連携により「10GBまでのファイルを挿入できる」とGoogleは言います。仕組みとしては、メール本文にGoogle ドライブにアップロードしたファイルのリンクを記載し、受信者はそのリンクからファイルをダウンロードします。つまるところ、従来の「ストレージサービスからのダウンロード」には変わりないのですが、Gmailユーザーにとってはウレシイ機能といえます。大容量のファイル送信がより簡単になったのです。


メール本文にGoogle ドライブ上のファイルへのリンクを挿入する手順は以下の通り。今回は、仮に「得意先へ容量の大きいファイルを送る」という設定で進めます。


1. Gmailを、今年10月に実装された「新しい作成/返信画面」に切り替えます。


2. (まだ使っていなければ)「Google ドライブ」の利用を開始しておきます。


3. Google ドライブに得意先へ送りたいファイルをアップロードして、リンクを送信します。


121129gmail_10gb_2.jpg


メール作成画面下のクリップのマークにカーソルを合わせてメニューを表示させ、「ドライブを利用してファイルを挿入」を選択。「アップロード」より送りたいファイルを指定します。アップロードできたら、自動的にリンクがメール本文に挿入されます。メールを作成し、送信します。


121129gmail_10gb_3.jpg


送り先が「閲覧権限がないユーザー」の場合、上記のようなメッセージが表示されますので、共有設定を変更します。ここでは「共有して送信」を選べばOKです。


121129gmail_10gb_4.jpg


また、「アップロードしておいたファイルを送信する」ことも可能です。その場合は、前もって共有設定を変更しておきましょう。Google ドライブにログインし、ファイル横にあるボックスにチェックを入れ、上部メニューの「共有」から設定を変更します。「アクセスできるユーザー」欄の「変更...」をクリック。公開設定オプションを「リンクを知っている全員」に設定します。メールの作成は、上記の方法と同様です。


4. 得意先に、挿入したリンクからファイルをダウンロードしてもらいましょう。


これまでの「データ転送サービスへアップしてリンクを取得」→「リンクをメール本文へ貼り付け」という手間が省けるだけでなく、送信できる容量もアップ! 普段からGoogle ドライブを活用している方ならば、さらに便利に使える機能です。

ただし、「リンクを知っているユーザー」がダウンロードできてしまうので、機密性の高いファイルの場合、どこかからリンクが漏れると厄介です。その際は、パスワード付きの圧縮ファイルにしてリンクを送り、パスワードは別のメールで送るなどの工夫がいりそうです。

前述のデータ転送サービスであれば閲覧パスワードをかけられたり、ダウンロードの有効期限を設定できたりもしますので、送信するファイルによって使い分けると良いでしょう。


(長谷川賢人)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.