• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

年吉聡太  - ,,,,,,  03:00 PM

伝えるための8つの「アナリスト的スキル」

伝えるための8つの「アナリスト的スキル」

121113book-to-read.jpg


情報があふれ、ものすごいスピードで世界が動いているいま。冷静に、かつ客観的にものごとを分析し人に伝える「アナリスト的スキル」は、どんな仕事にも共通して必要だといえます。


フェルドマン式知的生産術 国境、業界を越えて働く人に』(ロバート・アラン・フェルドマン著、プレジデント社)の著者、ロバート・フェルドマンは、大学などで講義を行うたびに上記のように感じるのだそうです(ちなみに著者は、テレビ東京系列の「ワールドビジネスサテライト」にもコメンテーターとして出演することもあります)。そして、アナリストには次の8つのスキルが必要だとも。


・第1のスキル=分析力(文字どおり、中身を見抜く力)

・第2のスキル=プレゼン力(意見を人に伝え、人から意見を聞き、反応を踏まえた会話をする力)

・第3のスキル=人間力(多様な相手と仕事をする能力)

・第4のスキル=数字力(数字の意味を理解し、効果的に利用する力)

・第5のスキル=エネルギー管理力(健康管理、時間管理、空間管理を効果的に行なう力)

・第6のスキル=言語力(外国語、特に英語の力)

・第7のスキル=商売力(お客のニーズをつかみ、どこにビジネスがあるかを察知する力)

・第8のスキル=結合力(これらのスキルを組み合わせて成果を出す力)



たしかに、どれもビジネスにおいて重要なスキルです。今回は、特に重要度が高いという「プレゼン力」の中から、いくつかの項目をピックアップしたいと思います。


簡単なメッセージこそ伝わりやすい(52ページより)

人になにかを伝えるには、まず目的を決めること。何のために、誰に向け、何を伝えようとしているのかを逆算すると、プレゼンの方法が決まってくるといいます。そして当然ながら、目的は簡単であるほど伝わりやすい。ここで著者が例に挙げているのが、2005年の郵政選挙を勝ち抜いた小泉純一郎元総裁のメッセージの伝え方です。納得のいく話だと感じました。


意識して「ゆっくり」話す(67ページより)

聞き手があなたの話を聞くのは、たいてい一度だけ。だからこそ、相手にとってわかりやすい話し方をすることが重要だといいます。コツは、ゆっくり話すこと。「自分のすごさ」を見せたい人は、情報を連発して相手を説得しようと思うあまり早口になりがちですが、それは逆効果。そしてもうひとつのコツは、声を低くして、聴き取りやすくすることだそうです。


図や表にすると一瞬で頭に入る(72ページより)

情報が溢れている時代だからこそ、溢れる情報から意味を引き出すためには、読みやすく情報を整理することが重要。そのためには図表やグラフ、イラストを駆使して、情報のなかに含まれているメッセージをわかりやすく伝えることが効果的だそうです。当たり前だと思われるかもしれませんが、ここには大切なポイントがあると思います。それは「訴えたい情報を強調した描き方をする」こと。図や表は「あって当然のもの」として扱われる場合も少なくありませんが、「なにを伝えたいか」を熟考したうえで適切な図表を使用すべきだということです。


以上をチェックしただけでも、アナリスト的スキルに関する著者のの考え方が伝わるのではないでしょうか。ただし、これらはほんの一部です。心がけておくべきは、アナリストとしての能力は冒頭でご紹介した「8つのスキル」を複合させることによって最大の効果を生み出すということ。ここでピックアップしたポイントに興味が湧いたなら、ぜひ本書全体を読み込んでいただきたいと思います。


本書を手に取った方は、どんな感想をもったでしょうか。Facebookページでも下記のコメント欄でも、ぜひ教えてください。


(印南敦史)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.