• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,  10:00 PM

ハッカーチャレンジ優勝者発表!ベッドルームに隠れた収納スペースを作る

ハッカーチャレンジ優勝者発表!ベッドルームに隠れた収納スペースを作る

121120-storage-bedroom.jpg


米Lifehackerでは、「ハッカーチャレンジ」として読者のみなさまからコンボハックを募集しました。コンボハックとは、もともとの使い道はそのままに、便利な隠し機能を付け加えちゃうことです。

たくさんの素晴らしいエントリーをいただきましたが、優勝者は、ベッドルームにクールな隠し収納を作ったGeorge氏に決定しました! パチパチパチ~!


優勝:ベッドルームに隠れた収納スペースを作る


121120-storage-bedroom-trunk.jpg


George氏のベッドルームは狭いうえに、コーナーの壁が妙な具合に張り出しています。こんな部屋で収納スペースを確保するにはクリエイティブになるしかありません。George氏は、まず大量に収納可能な木製のトランクケースを自作しました。上段は、フタを開ければ杉の香りが匂い立つ収納バスケット、下段は靴専用の収納スペースになっており、上フタを閉めればベンチにもなります。


121120-storage-bedroom-cabinet.jpg


パネル式のふたがすっかり気に入ったGeorge氏、今度はパネル式のキャビネットを自作しました。磁石を使い、タッチで開閉するおしゃれな扉を装着。強度の問題から扉は横ではなく上に開くようにしました。奇妙に突き出た壁も、キャビネットを納めればぴったりです。窓とベッドの間にも微妙な隙間があったのですが、George氏はそこにも小さなキャビネットを作ってしまいましたふたを開ければ収納に、ふたを閉じればベッドサイドの本棚に早変わりです。

さらに、George氏はベッドと洋服ダンスの隙間にソックスディスペンサーなるものを自作しました。George氏は毎日同じブランドの白いソックスを履いているそうです。洗いたてのソックスをごっそり上から入れて、履くときに下からとり出せば万事OKというわけです。詳しくはこちらの写真をご覧ください。グッジョブ、George!


特別賞


ほかにもすばらしいレポートがたくさん寄せられました。特別賞を受賞したのは多機能ウォッチを使って楽しいイタズラを報告してくれたMustafa氏です!


多機能ウォッチをリモコンにする


Mustafa氏は、LCDディスプレイや圧力センサー、3軸加速時計、ワイヤレス通信機能を備えたTexas Instruments社の「EZ430-CHRONOS」ウォッチを使って、自分の生徒に楽しいイタズラを仕掛けました。Mustafa氏はこのイタズラのためにアプリを自作したそうです。


121120-storage-bedroom-watch.jpg


なぜMustafa氏はこんなイタズラを? 本人の言葉を聞きましょう。


私はずっと、この高性能ウォッチをどうすれば意義深く、人間味ある使い方ができるか考えていました。そして答えを見つけたのです。私は、押されたボタンに応じて様々なアクションが実行されるプログラムを書きました。

例えば、「^」ボタンで「GANGNAM STYLE」のミュージックビデオを流します。「 *」ボタンでビデオを停止し、「#」ボタンでGANGNAM STYLEのショートクリップを流します。そして、イタズラを完遂するために、ビデオが流れている間はPCのマウスとキーボードを操作できないようにしました。


イタズラの詳しい顛末はMustafa氏のブログへGO


参考になるアイテムはありましたか? みなさんも面白いアイデアが見つかったらぜひ編集部まで教えてください!


Walter Glenn(原文/訳:伊藤貴之)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.