• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,,  03:00 PM

外国語は1000単語覚えればなんとかなる! 22時間でやってみよう

外国語は1000単語覚えればなんとかなる! 22時間でやってみよう

121122_1000words.jpg


外国語を習得する一番の近道は、その言語だけにどっぷりと浸る環境に身を置くことだ、とよく言われています。しかし、どっぷりと浸る前に、ある程度の基礎は身に付けておくべきでしょう。

イギリスのガーディアン紙で、ライターのJoshua Foerさんが、約22時間の勉強で言語を習得する方法について書いていました。よく使われる単語1000語を覚えるというものです。Foerさんの経験によると、この「1000単語」というのがポイントのようです。


Foerさんは、「Memrise」という単語学習サービスを使っていました。言語学習をしているうちに、ネイティブスピーカーとその言語で話ができるようになる時期が分かった、というのです。


よく使われる1000単語を「Lingala」で覚えたことは言うまでもありませんが、それでフランス語や中国語が流暢に話せるようになる訳ではありません。それに、そんな目標は非現実的だろうと思っていました。しかし、新しい言語環境にどっぷりと浸る前に取り組むのであれば、よく使われる1000単語を覚えるのは、十分な準備になります。その基本単語は他の単語を覚える基礎にもなるので、さらに大切になってきます。

多くの単語を覚えるにつれて、単語同士のつながりで意味が分かるようになります。私は、別のところで文法にも気付き始め、会話の中でも文法が分かるようになってきました。これはパターン認識のようなもので、子どもが言語を学習する時に、何度も繰り返すことによって起こることと同じですが、ある程度のデータを与えるとそれがうまく働くように、一度で確実に素早く簡単に言語を身につけることができるようになります。


言語を習得することは、決して簡単なことではありません。しかし、Foerさんが指摘するように、これまで言われてきているほど大変なことでもありません。もちろん1000単語というのはひとつの目安に過ぎませんが、言語学習の目標としてはやる気が出やすい目標だと思います

22時間で1000単語覚えるのはちょっと厳しいという人は、過去記事の「90日間で外国語を身につけてバイリンガルとなった方法」を参考にしてみてください。


How I learned a language in 22 hours | The Guardian

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

Photo by elPadawan.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.