• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,,,  10:00 PM

シンプルなメモ用紙「バンチオブペーパー」はブレストで一役買うかわいいヤツ

シンプルなメモ用紙「バンチオブペーパー」はブレストで一役買うかわいいヤツ

121124bunchofpaper_1.jpg


立ち寄った文具店で、黄色いバンドに目を引かれて、思わず手に取ったのが「バンチオブペーパー」との出会いです。私は「ホワイト」と「グリーン」を選びましたが、「レッド」、「ブルー」、「オレンジ」、「グレー」と全部で6色あります。黄色いバンドは共通なので、色によってはなかなか刺激的な組み合わせも。


121124bunchofpaper_2.jpg


バンチオブペーパーに特別な機能はありません。糊付けもされていませんし、ポストイットのようには使えません。シンプルで、カラフルな、紙の束です。「他でいくらでも代用できる」といえばそれまででしょう。しかし、このミニマルでかわいらしい見た目には、机の上に置いておきたくなる愛らしさを感じます。


121124bunchofpaper_3.jpg


では、どのように使うのか。例えば、アイデア出しのミーティングの際、机の真ん中に置いてみるのはいかがでしょう。みんなの意見を書き留めながら、話していることを共有するのです。また、カラフルな点を生かして、人それぞれで異なる色を使い分けるのもオススメ。「誰のアイデアなのか」が一目でわかります。

もちろん、グループだけでなく、自分だけで行う「ひとりブレスト」にも合います。思うままアイデアを書き出していくのです。これは以前にも「問題を紙に書き出して凝視し続ける、というシンプルな解決方法」として紹介しました。アクティブな活動に関することならレッドやオレンジ、じっくり考えたいことならブルーなど、テーマによって色を使い分けるのも面白そう。

バンチオブペーパーは、よこ85mm×たて70mmのサイズで100枚入り。ひとつ280円(2012年11月24日現在)で発売中です。文具店などの取扱店をはじめ、メーカーである「LABCLIP」のオンラインストアでも購入できます。


Bunch of paper / バンチ・オブ・ペーパー | LABCLIP

長谷川賢人

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.