• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,  06:00 PM

LH質問箱:携帯会社から不当な請求をされました。どうすればいいですか?

LH質問箱:携帯会社から不当な請求をされました。どうすればいいですか?

121114-money-dont-owe.jpg


ライフハッカー編集部さま

携帯会社から金額が間違っている請求書が送られてきました。すぐに電話して訂正を依頼したのですが、2ヶ月後、今度は債権回収会社から電話があり、料金が未払いだとクレームをつけられました。携帯会社に電話しても、こちらではどうにもできないの一点張り。債権回収会社も請求を取り下げてくれません。いったいどうすればいいでしょうか?

PN:不当請求で困った(Falsely Indebted)


不当請求で困ったさん、こんにちは。

あなただけではありません。私も以前、家賃を不当に請求されたときに同じ体験をしました。それから現在まで2年以上も係争中であり、未だに債権回収会社と揉めています。私は正当な主張をしているつもりです。しかし、この一件で私のクレジットスコア(信用情報)に傷がついてしまいました。あなたの気持ちはよくわかります。いったいどうすればいいんでしょうね......。そこで私は債務削減サービス会社「ReadyForZero」のRod Ebrahimi氏にアドバイスを求めました。


自分の権利を知る


121114-money-dont-owe-fdcpa.jpg


まず何よりも先に、自分にどんな権利があるかを知ることです。米国公正債権回収法(FDCPA)によると、債権回収会社が債務者に対して夜間や早朝に電話をすることや、暴言や脅迫をすることは禁じられています。たとえ債務が妥当なものであっても、これらの行為は認められていないのです。ましてや債務が不当なものであれば純粋な嫌がらせ言えます。債権回収会社と交渉を始める前に、法律で定められている権利を確認してください。違法な嫌がらせ行為を受けているなら、直ちに通報しましょう。

信用情報機関に電話する


121114-money-dont-owe-reporting.jpg


請求金額が明らかに間違っているのであれば、「Experian」「Equifax」「TransUnion」などの信用情報機関に電話してみましょう。時間はかかるかもしれませんが、請求記録を訂正してくれるかもしれません。実は私もトライしてみたのですが、どの信用情報機関も受け付けてくれませんでした。私のケースは少々複雑なようです。もしあなたのケースが、単純に電話料金の請求額が間違っているだけなら、情報を訂正してくれる可能性は高いでしょう。


証明書の提出を求める

債権回収会社は、あなたから債権を回収する前に、書面で通知する義務があります。もし通知が送付されず、電話でコンタクトしてきた場合は債権詐欺の可能性があります。電話口で、書類にあなたの住所が何と書かれているか尋ねてください。相手が正当な債権回収会社であることがわかるまで、いかなる個人情報も明かさないように。通知が届いたら、請求内容をチェックし、間違いなく自分の債務であることを確認します。また、「Annual Credit Report(米国のみ)」を利用して、最新のクレジット記録を確認し、請求額を照合してください。


時効期限を知る

債権回収には時効があります。例えば、カリフォルニア州ではクレジットカード債権の回収期限は4年間です。時効期限が過ぎてしまえば、その債務が正当でも不当でも、効力を失います。


苦情を申し立てる
121114-money-dont-owe-complaint.jpg


不当な請求を受けている場合は、米国消費者金融保護局 (CFPB)に苦情を申してることもできます。サイトも使いやすくなっており、問題の種類を選び、いくつかの質問に答えるだけです。トラッキング番号が発行されますので、事態の進行状況を追いかけることもできます。CFPBが必ずしも問題を解決してくれるとは限りませんが、何らかの助けになってくれるはずです。

いっそ支払う


121114-money-dont-owe-pay.jpg


多少プライドが傷つくとしても、いっそ支払ってしまうほうが楽な場合もあります。金額が大ければ別ですが、10ドルや20ドルのお金なら、争う時間のほうが無駄かもしれません。払う必要のないお金を払うのは腹が立つことでしょう。しかし、冷静になって選択肢を広げてみてください。小額のお金のせいで何ヶ月も(時には何年も)債権回収会社との争いを続けることに果たして価値があるでしょうか。相手を打ち負かすことだけが勝利ではありません。


私からアドバイスできることは以上です。ぜひこれを参考にして不当請求と戦ってください。幸運を祈ります!

ライフハッカーより


Adam Dachis(原文/訳:伊藤貴之)

Photo by Dmitriy Shironosov (Shutterstock) and R. Gino Santa Maria.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.