• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,  12:00 PM

万が一のための「安全にうまくドアを蹴破るコツ」

万が一のための「安全にうまくドアを蹴破るコツ」

121116_BreakDownDoor.jpg


結束バンドで手首を拘束されたときに解くワザに続き、使う場面がきてほしくない知識です。

火事で燃えさかる建物の中に子どもが取り残されていたら、敵のスパイが潜んでいる拠点に乗り込んでいかなければならないとしたら、そんな映画みたいなシーンが人生に一度あるかどうか分かりませんが、とにかくそのドアを蹴破らなければなりません! ブログ「The Art of Manliness」に、安全にうまくドアを蹴破るコツが載っていたのでご紹介しましょう。

映画などで誰かがドアを蹴破るのを見たことがあると思います。とにかく勢いでドアを蹴っているように思いますが、このブログによると、ドアを蹴破る前にはいくつか確認した方がいいことがあるようです。


  • ちょうつがいを見て、ドアがどちら側に開くのかチェック
    ドアが手前に開く場合は、ドアを蹴破るのはほとんど不可能だと思ってください。ドアが向こう側に開く場合は蹴破ることができます。
  • カギの横辺り(カギ穴の近く)を蹴る
    そこがドアの中でも一番弱い部分であることが多いです。
  • かかとの位置が重要
    地面に着いている足のかかとはしっかりと踏ん張り、ドアを蹴る時はかかとからいきます。蹴る瞬間に全体重をかけましょう。

くれぐれも肩からぶつかって行ったり、ジャンプキックしたりするのはやめましょう。

こんなことを覚えて何の役に立つんだと思っているかもしれませんが、人生何が起こるか分かりません。事実は小説より奇なりです。いざという時のために覚えておいてください。


How To Break Down A Door

How To Break Down A Door: An Illustrated Guide

Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.