• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,  02:00 PM

手を使わずに読めるiPad用電子書籍リーダー『MagicReader』にあふれる期待

手を使わずに読めるiPad用電子書籍リーダー『MagicReader』にあふれる期待


GimmiQが開発したiPad用電子書籍リーダー『MagicReader』は、手を使わずに読書ができるアプリ。iPad 2以降に搭載のインカメラによって顔の動きを認識し、本を選んだり、ページを送ったりできます。

例えば、読書中に左を向くと、ページを左方向にめくります。右なら、右方向へ。上を向くと、本の選択画面へ戻ります。記事冒頭のプロモーション動画を見ていただければ、イメージはよりつかめるかと思います。

最初はうまく使えず戸惑いましたが、コツをつかめばしっかりページ送りできました。


■認識してもらうには「顔の近さ」がカギ

121117magicreader_2.jpg


顔認識モードをオンにすると、画面上部に2つの「★」マークが表れます。★がグレーから青に変わったら「認識できている」というサイン。この状態で顔を動かせば操作できます。

顔の動きをうまく認識してもらうには、どうやら「距離」が肝心のよう。試してみると、上の写真のように両手を軽く伸ばした距離くらいだと、動作しやすいように思いました。距離感については、顔の認識を確認できる「カメラモード」を試してみるとよいでしょう。画面右下にある「?」ボタンよりカメラモードへ切り替えができます。

ただ、顔認識はページをめくるごとにリセットされ、再読み込みまでに若干の時間がかかります。その点で、マンガなど「1ページを読み終えるまでの時間が短いもの」はあまり向いていないかもしれません。今後、認識精度が上がれば、ストレスなく読める書籍は増えそうです。


■「両手がふさがっている」シーンで活躍

121117magicreader_3.jpg

ギターを弾いていても、演奏を止めずに楽譜がめくれます。


121117magicreader_4.jpg

調理器具を使っていたり、手が汚れていたりしても大丈夫。


121117magicreader_5.jpg

顔認識だから赤ちゃんにだって使えます(!)。

基本的には「両手がふさがっている」ときに便利です。何らかの事情により両手がうまく動かせない方が使えるのもポイント。GimmiQによると、実際にハンディキャップを持った方々から「またひとりで本を読めるようになった。ありがとう」という言葉をいただくこともあったそう。

また、GimmiQは「片目をつぶる動作(ウィンク)と、音声によるページめくりの実装を検証中」とも言っています。顔を動かすよりも負担の少ない動作が可能になれば、さらに多くの人にとって有用なアプリとなるでしょう。MagicReaderはカメラ付きデバイスの可能性を、またひとつ見せてくれたという感があります。


顔認識以外にも、電子書籍リーダーとしての機能も十分です。画面を長押しすることで可能となる「早送り・巻き戻し」機能はとても軽快に動作します。ファイル形式はPDFとZip、CBZ(画像形式は「.jpg」、「.png」、「.gif」、「.tiff」、「.bmp」)に対応。今後はEPUB、MOBI、cbr、rarなどのフォーマットも対応予定。現状は縦向きでしか使えませんが「横向きにも対応する作業中」だそう。

広告入りの無料版のみダウンロードできますが、機能が出揃ったところで有料版もリリース予定とのこと。また、MagicReaderは優れた電子メディアやアプリを選定する国連主催の2012年度World Summit Awardsにて「m-Inclusion & Empowerment部門」を見事受賞! 今後のアップデートや展開が楽しみなアプリです。


MagicReader | iTunes App Store

GimmiQ

(長谷川賢人)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.