• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

年吉聡太  - ,,,  02:00 PM

「子どもの頃と同じポーズで撮った写真 」をソニービルで見てきました

「子どもの頃と同じポーズで撮った写真 」をソニービルで見てきました

121116award01.jpg(C)Irina Werning, Argentina, Professional Winner, Portraiture, Sony World Photography Awards 2012


11月18日(日)まで、銀座ソニービルにて「ソニー・ワールド・フォトグラフィー・アワード」の受賞作が展示されています。先日会場を訪れたのですが、数十点の作品の中でもひときわ目を引いたのは「子どもの頃と同じポーズで撮った写真」でした。

その他、気になった作品を紹介します。


「子どもの頃と〜」の他の写真も展示されていました。


121116award02.jpg(C)Irina Werning, Argentina, Professional Winner, Portraiture, Sony World Photography Awards 2012


下写真は一見普通の食卓の様子かと思いきや、なんとなく漂う不穏な空気。「Last Meal」と銘打たれた下の2点はその名の通り「最後の食事」、死刑囚が最後に口にした食べ物をとらえた写真です。


121116award03.jpg(C)Helen Thompson, United Kingdom, Professional Winner, Still Life, Sony World Photography Awards 2012


作者であるHelen Thompsonの同じ作品を掲載している英ガーディアンによると、例えば上の写真は、


triple-murderer Allen Lee Davis chose lobster, fried potatoes, shrimp, clams, garlic bread and root beer in 1999.

1999年、3人を殺害したAllen Lee Davisは最後の食事にロブスターとフライドポテト、エビ、貝とガーリックブレッドを選んだ。


とあります。


121116award04.jpg(C)Helen Thompson, United Kingdom, Professional Winner, Still Life, Sony World Photography Awards 2012


「ソニー・ワールド・フォトグラフィー・アワード」は、プロ・アマの垣根なく応募を受け付けている貴重な写真コンテストのひとつです。以下の2点は、一般公募のうち受賞となった作品です。


121116award05.jpg(C)Tobias Brauning, Germany, Open Competition Winner, Open Photographer Of The Year, Sony World Photography Awards 2012

121116award06.jpg(C)Giovanni Frescura, Italy, Open Competition Winner, Nature & Wildlife, Sony World Photography Awards 2012


ちなみに2013年度コンテストへのエントリーは、2013年1月4日(プロフェッショナル部門は同9日)まで受け付けているとのこと。以下、開催情報を載せておきますので、下記リンク先の公式ページとともにご覧ください。


121116award07.jpgソニー・ワールド・フォトグラフィー・アワード作品展
開催期間:2012年11月18日(日)まで
開催時間:11:00~19:00
会場:東京都中央区銀座5-3-1 銀座ソニービル8F コミュニケーションゾーンOPUS
※入場無料



Sony World Photography Awards

(年吉聡太)

  • ,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored by cocokuri 体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変  11:00 AM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.