• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

年吉聡太  - ,,,  02:00 PM

「子どもの頃と同じポーズで撮った写真 」をソニービルで見てきました

「子どもの頃と同じポーズで撮った写真 」をソニービルで見てきました

121116award01.jpg(C)Irina Werning, Argentina, Professional Winner, Portraiture, Sony World Photography Awards 2012


11月18日(日)まで、銀座ソニービルにて「ソニー・ワールド・フォトグラフィー・アワード」の受賞作が展示されています。先日会場を訪れたのですが、数十点の作品の中でもひときわ目を引いたのは「子どもの頃と同じポーズで撮った写真」でした。

その他、気になった作品を紹介します。


「子どもの頃と〜」の他の写真も展示されていました。


121116award02.jpg(C)Irina Werning, Argentina, Professional Winner, Portraiture, Sony World Photography Awards 2012


下写真は一見普通の食卓の様子かと思いきや、なんとなく漂う不穏な空気。「Last Meal」と銘打たれた下の2点はその名の通り「最後の食事」、死刑囚が最後に口にした食べ物をとらえた写真です。


121116award03.jpg(C)Helen Thompson, United Kingdom, Professional Winner, Still Life, Sony World Photography Awards 2012


作者であるHelen Thompsonの同じ作品を掲載している英ガーディアンによると、例えば上の写真は、


triple-murderer Allen Lee Davis chose lobster, fried potatoes, shrimp, clams, garlic bread and root beer in 1999.

1999年、3人を殺害したAllen Lee Davisは最後の食事にロブスターとフライドポテト、エビ、貝とガーリックブレッドを選んだ。


とあります。


121116award04.jpg(C)Helen Thompson, United Kingdom, Professional Winner, Still Life, Sony World Photography Awards 2012


「ソニー・ワールド・フォトグラフィー・アワード」は、プロ・アマの垣根なく応募を受け付けている貴重な写真コンテストのひとつです。以下の2点は、一般公募のうち受賞となった作品です。


121116award05.jpg(C)Tobias Brauning, Germany, Open Competition Winner, Open Photographer Of The Year, Sony World Photography Awards 2012

121116award06.jpg(C)Giovanni Frescura, Italy, Open Competition Winner, Nature & Wildlife, Sony World Photography Awards 2012


ちなみに2013年度コンテストへのエントリーは、2013年1月4日(プロフェッショナル部門は同9日)まで受け付けているとのこと。以下、開催情報を載せておきますので、下記リンク先の公式ページとともにご覧ください。


121116award07.jpgソニー・ワールド・フォトグラフィー・アワード作品展
開催期間:2012年11月18日(日)まで
開催時間:11:00~19:00
会場:東京都中央区銀座5-3-1 銀座ソニービル8F コミュニケーションゾーンOPUS
※入場無料



Sony World Photography Awards

(年吉聡太)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.