• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,  06:30 PM

常に新鮮な視点や気持ちを保つためには、自分を「新入社員」だと思え

常に新鮮な視点や気持ちを保つためには、自分を「新入社員」だと思え

121115_fresh.jpg


新しい視点で困難な問題を解決しようとするのはよいアプローチです。しかし、常に新しい視点を持つこと自体が難しいもの。Google社員のHunter Walkさんは、難しい問題に取り組む時は、毎回自分が新入社員(もしくは転職したて)だと思って考えるのがいいと勧めています。

これは、常に新鮮な気持ちで問題解決に臨むための考え方です。月に1回、新入社した社員のような気持ちになることで、いつも新しい視点で物事をとらえられるようになります。

他にもWalkさんは、以下のような方法も提案しています。


新入社員が何か新しい意見を言ってくれたり、おもしろいことを持ち込んでくれたりするのを待っている必要はありません。常日頃から新入社員のように振る舞ったとしたら、どうなると思いますか? 毎月1日は、その1カ月間新鮮な気持ちでいられるように、「先月とは違う方法でやったらどうなるか?」と自問してみます。新入社員の気持ちになるために、年に1回会社の新入社員向けのオリエンテーションに出てもいいかもしれません。明るくて希望を持っている新入社員ばかりの雰囲気に浸ってみると、どんなことが起こると思いますか?


凝り固まった脳を活性化させて、新鮮なアイデアを生み出すには、いい考え方だと思います。今の会社に始めて出社して、社内に一歩足を踏み入れた日のことを思い出してみてください。もしかしたら今抱えている問題も、違う角度から見ることができるかもしれません。

Photo by Quinn Dombrowski.

Act Like a New Employee Every Day
| LinkedIn

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)


MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.