• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,  11:00 AM

"アガる"起爆剤「ライジン」が朝に飲むエナジードリンクにうってつけな理由

Sponsored

121114raizin1.jpg


群雄割拠のエナジードリンク界隈に新たな一本が現れました。その名も「RAIZIN(ライジン)」。

私も普段からやる気を出したい時にエナジードリンクを飲むことはありますが、どんなものかと早速試してみました。甘さは控えめで、炭酸が強いです。舌にピリッとくるなと思ったら、スパイシーな香りがやってきました。なるほど、なかなかパンチがあります。気分もスッキリしましたが、同時にカラダが熱くなる感覚も。ライジンは商品のキャッチコピーに「アガる」という言葉を使っていますが、「この内側から熱くなる感じが『アガる』なのかも」と納得。

1カ月ほどライジンを飲み続けるうち、あることに気が付きました。結論から言えば、ライジンは「朝に飲む」エナジードリンクとしてピッタリなのではないかということです。

以下、そう感じた3つの理由をご紹介していきます。


■ドライな味わいが寝起きに合う

121114raizin3.jpg

ライジンは甘さが控えめなので、寝起きからグイッといくのにピッタリです。「今日は朝からがんばるぞ!」と目覚めた時に、甘すぎるココアを出してもらっても、なんだかしっくりきません。爽快で、気持ちの良い飲み物の方がお似合いでしょう。

また、寝起きに飲むものを決めておくのは早起きに効果的。ライフハッカー過去記事「寒い朝も快適に目覚めるためのキーワードは『心地よさ』と『ごほうび』」でも、「ベッドから出たくなるアイテムを用意する」と良いとご紹介しました。ライジンの刺激は目覚ましにぴったり。私もライジンを朝飲むようになってからというもの、「朝起きる=ライジンが飲める」という方程式ができて、早起きが苦ではなくなってきました。


■強めの炭酸でスッキリ目覚める

121114raizin4.jpg

強めの炭酸がノドとカラダに効いて、朝からやる気を出すためのスイッチになるのです。他のエナジードリンクと比べても、ライジンの炭酸は強めに感じました。しかし、泡が細かいおかげか、飲んだ後に胃が膨れるような感じはありません。

ライフハッカーの姉弟サイト「MYLOHAS」によると、炭酸水には「血行促進・疲労回復・便秘解消」の3つの効果があるのだとか。特に血の巡りがのんびりしている寝起きには、血行促進効果はありがたい限り。


■カラダが熱くなるのは運動にもピッタリ

121114raizin5.jpg

出勤前や休日に運動をする習慣がある人にもオススメです。ライジンを飲んで少し経つと、ショウガなどのスパイシーな成分のおかげか、カラダが温まるのを感じました。そのまま日課のウォーキングに出かけてみると、いつもより早く額に汗が...。もちろん効果は人によって異なると思いますが、運動前の景気づけに良いでしょう。

朝に運動をすると、その後一日の食事量や食欲を抑えられるという研究結果」や「日常的にエクササイズをしている社員は平均で9%高い収入を得ているという研究結果」もありますし、「ライジン&運動」でカラダも給料もアップすれば言うことなしでしょう。


■ライジンをルーティンに組み込んで効率アップ

さらに、ライフハッカーとしては、ライジンを使って積極的に「アガる」毎日のルーティンを組むのはどうかと考えます。例えば、以前にも「早起きの習慣を身につけるには朝のルーティンを作る」というコツを紹介しましたが、「冷蔵庫にライジンを常備して寝起きに飲む」というルーティンを作れば、早起きできるだけでなく、カラダもアタマも仕事モードへ切り替わる起爆剤になるでしょう。

ちなみにアメリカのオバマ大統領も厳格にルーティンを守ることを大切にしているそうです。大統領でも、ひとりのビジネスパーソンでも、何かを決断したり考えたりすることには変わりません。ソーシャルメディア共有サービス『Buffer』の創業者であるJoel Gascoigne氏も、毎日幸せを感じる方法として習慣づくりの大切さを説きます。自分の日常生活に「良い習慣」をいかに組み込むかで、生産性も充実感も大きく異なってくるのです。

もちろん朝でなくても、ライジンの効果は一日中使えるでしょう。仕事中のリフレッシュタイムや、仕事の後で自分のプロジェクトに取り組む直前など、「意識の切り替え」にライジンは役立ちます


ライジンは「この国をアゲる」ための優秀なリーダーの発掘を目的とした「知的法人RAIZIN」という架空の会社を設定し、Facebook連動イベントやサンプリングなどのキャンペーンを展開中。現在、キャンペーンサイトでは11月20日0:00までの期間限定で、リーダーに必要な洞察力を見極める「戦略少数決」プロジェクトを開催中。


121114raizin6.jpg


戦略少数決は、用意された賞品で最も少ない得票数になりそうなものを予想して投票するのです。多数決でなく「少数決」で選ばれた賞品は、投票した人の中から1名にプレゼント!(キャンペーンへの参加はコチラ


121114raizin7.jpg


現在投票を受け付けている賞品は、国民的アニメや人気ゲームシリーズのキャラクターデザインでも有名な「天野喜孝氏に肖像画を描いてもらえる権利」。投票できる肖像画のタッチは、画像上から「王子風」、「魔王風」、「侍風」、「魔法使い風」、「剣士風」。正直、家宝になるレベルです。世界で一枚だけの肖像画を夢見て、いざ投票


121114raizin2_3_2.jpg


ライジンはAmazonをはじめ、一部の雑貨店や飲食店でも手に取れます。店舗には上の写真のストッカーが置かれていることもあるそう(残念ながら秘書さんはいませんが...)。ライジンを使ったカクテルを提供しているお店もあります。提供店舗の一覧はこちらより。

また、都内各所でのサンプリングキャンペーンでは、記事冒頭の画像のように、制服に身を包んだ「ライジン秘書」さんたちがライジンを配っています。配布地域はFacebookページで事前に告知されるので、立ち寄った時は試してみるチャンス。

店頭やサンプリングでまずはひと口飲んでみて、「自分ならどの場面で使うかな?」と考えてみましょう。それが、仕事も生活も「アガる毎日」をつくる第一歩となります。


RAIZIN JAPAN

(長谷川賢人)


MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.