• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,  12:00 PM

成長するためにライバルは「負かす」のではなく「生かす」べし

成長するためにライバルは「負かす」のではなく「生かす」べし

121101_Rival.jpg


原文筆者のDorie Clark氏は『Reinventing You: Define Your Brand, Imagine Your Future』(Harvard Business Review Press)の著者で、Googleやイエール大学などをクライアントに持つ戦略コンサルタントでもあります。今回はDorie Clark氏による「ライバルの存在をどのようにして生かすか」という考察をご紹介します。


仕事でライバルを意識している状態は、本当に時間の無駄だと思うことがあります。どうしてそんなに他の人が何をしているのかを気にするのでしょうか? どうして自分のことだけに集中しないのでしょう? 自分のしていることをもっと良くすればいいですよね?

競争相手のことを気にし過ぎるのは、長い目で見ると健康に良くないというのは事実です。しかし、相手を打ち負かそうとするのではなく、自身の成長の機会と捉えるのであれば、ライバルとの競争から大事な教訓を得ることができると思います。


あなたの弱点は何ですか?

ライバル意識というのは妬みであることが多いです。ライバルは、あなたがうらやましいと思わざるを得ないような特徴やスキルを持っているものです。例えば、サラという友だちが、私にFacebookで「ブライアンと友だちか」と聞いてきました。「もし友だちなら、ソーシャルメディアのあり方について意見が聞きたい」というのです。サラは、ブライアンがFacebookに自分の宣伝を頻繁にポストすることに激怒していました。「ブライアンが私たちの仲間のネットワークを、自分のブランドのために悪用していることの妥当性について話したい」とも言いました。

しかし、残念ながら私はまったくそのことに気づいておらず、何となくブライアンの功績(自慢)を眺めていました。サラだけが、異常にそれを気にしていたのでした。サラはとても内気で、自分の宣伝をすることを長い間ためらっていました。仲間の一人のあからさまな自己宣伝は、そんなことを言い始めるほどに、サラを不快な気分にさせていたのです。

「ソーシャルメディアは自分の好きなように使っていい」ということに気づいてからは、自分を美化したでっちあげの宣伝だとは感じなくなったようで、サラはかなり落ち着きました。


あなたは何に価値を置いていますか?

1  2

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.