• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,,,,  04:00 PM

iOSデバイス向けEvernote 5「数年に一度」のメジャーアップデート

iOSデバイス向けEvernote 5「数年に一度」のメジャーアップデート


先日「Evernote 5 for Mac」のメジャーアップデートをお伝えしたばかりですが、今度はiOSデバイス向けもリリースされました。Evernote日本語版ブログでも告知された通り、「数年に一度の大幅なデザイン刷新」とのこと。新しいEvernote 5は新発売のiPad miniでもスムーズに使えるそうです。

記事冒頭の公式動画で新機能を紹介しています。動画の下段メニュー歯車マークの横より「字幕機能をオン」>「英語(文字起こし済み)」を選ぶと字幕を表示できます(ただ、今回は日本語翻訳すると、かえって難解です...)。

Evernoteが挙げている「主な新機能」は下記の通り。


1. 新しいホーム画面

121109ios_evernote_5_2.jpg

新しいホーム画面は、コンテンツにすぐ移動でき、好みに合わせて簡単にノートの閲覧・検索・整理ができるような設計です。また、ホーム画面のボタンをタップするだけで、新しいノートを作成できる「クイックノートボタン」を採用。文書のデジタル化がすぐに行えます。

画面サイズが大きいiPadでは、ホーム画面にスワイプ形式リストで「最近使用したノート」を表示。ノート間の切り替えが簡略に。


121109ios_evernote_5_3.jpg2. デザインの改善

インターフェースを効率化し、よく使う機能へアクセスしやすくなりました。例えば、ノートリストには「新規ノート」ボタン追加し、アカウント情報はホーム画面へ移動しました。画面やアイコン、画像の見た目も刷新され、「直感的かつ優れたデザイン」を心がけたとのこと。


121109ios_evernote_5_4.jpg3. 新しい「場所」ビュー

作成したノートに位置情報を付けられます(設定で位置情報を与えないことも可能)。マップ画面からノートを視覚的に探すことができます。ノートはピンチイン/アウトで拡大・縮小でき、カードプレビューをタップすればノートエディタが表示されます。旅先や滞在先で使えば使うほど、面白い機能でしょう。


121109ios_evernote_5_5.jpg4. ページカメラの改善

メモやレシート、文書や名刺などの撮影・保存がさらにラクに。また、背景の明るさに関わらず、ページの端を検出して切り取る機能を改善。画像の明るさとコントラストも簡単に修正できます。ドキュメントスキャナーとして、さらに使い勝手がよくなったといえます。


121109ios_evernote_5_6.jpg5. Evernote有償版機能へ簡単アクセス

ホーム画面に「プレミアム機能」ビューを追加することで、Evernoteプレミアム(有償版)の便利な機能に素早くアクセスできるように。


121109ios_evernote_5_7.jpg6. はじめての人へ「ウェルカム画面」

初めてEvernoteを開くと、旅行や仕事、情報の整理などに使用しているEvernoteユーザーの体験談を聞かせてくれます。各体験談ごとのサンプルノートも用意しています。


多くの改善点で「簡略化」、「アクセシビリティの向上」が目立ちます。それもそのはず、「今回のデザイン刷新では、主な機能がすべて2タップ以内でアクセスできるようにすることを目指しました」とのこと。思い立ったときにすぐ使えるのはうれしい限り。開発陣は数カ月をかけてたどり着いた「最良のアプローチ」と自信をのぞかせます。

さらに磨きのかかったEvernoteに期待しましょう。


Evernote 5 for iPhone, iPad and iPod touch 公開 | Evernote 日本語版ブログ

(長谷川賢人)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.