• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ebisu  - ,  11:00 AM

IFTTTより約2倍のサービスに対応した自動化ウェブアプリ「Zapier」

IFTTTより約2倍のサービスに対応した自動化ウェブアプリ「Zapier」

121025zapier.jpeg


アプリ連携の自動化は言わずと知れたライフハッカーの大好物。Gmail、Dropbox、Facebookなどを連携できる『IFTTT』などはクールなこと極まりないのですが、IFTTTがサポートしていないウェブアプリがあり、それも連携させたいという場合には『Zapier』がオススメです。

ZapierはBasecamp、MS Exchange、Google Tasksなどの生産性向上アプリやプロフェッショナルアプリを中心に数多く対応しています。


今のところZapierは合計111ものサービスとの連携を提供しています。この数はIFTTTのおよそ2倍(IFTTTで提供されているサービスのほとんどがZapierのサービスに含まれています)。前述のアプリ以外にも共有可能なタスクマネージャー「Asana」、ソーシャルネット投稿サービス「Buffer」、インボイスツール「Freshbooks」、コード共有サイト「GitHub」、時間管理アプリ「Harvest」、一括メール送信サービス「MailChimp」、オンライン同期およびストレージツール「SugarSync」などとの連携が可能です。

ですが、うまい話には何かしらの落とし穴があるもの...。無料で使えるのは5つまでのサービスの連携(5 Zap)で、同期の実行も5時間に一度となっています。簡単な通知機能が使いたいなら、IFTTTの方が良い選択でしょう。Zapierの有償ベーシックプラン(15ドル/月)に登録すれば10連携(10 Zap)まで使用可能で、同期も15分ごとになります。ビジネスプラン(30ドル/月)ならば同期が5分ごとに。

また、ZapierにはIFTTTのような共有レシピは存在しません。その代わり、オススメの連携方法を教えてくれます。いずれにせよアプリ同士を連携させたい、作業の自動化を試みたいという方は、検討する余地ありのアプリです。


Zapier

Melanie Pinola(原文/訳:まいるす・ゑびす)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.