• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

kiki  - ,,  03:00 PM

ダイエットにも使える! 「ステビア」の甘い葉っぱでシロップを作ろう

ダイエットにも使える! 「ステビア」の甘い葉っぱでシロップを作ろう

121023diy_stevia_syrup.jpg


「ステビア」ときいて、甘味料を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。それもそのはず。ステビア甘味料は、南米原産のキク科植物ステビア(Stevia rebaudiana BERTONI)の葉分に含まれている甘味成分を抽出・精製した天然甘味料です。

甘さは砂糖の約200倍ともいわれています。ということは、葉っぱから甘い汁を取り出せば、手作り甘味料ができてしまうのでは? やはり、チャレンジャーがいました。自然派志向ブログ「Slightly Steady」に、ステビアの葉っぱを使ったシロップの作り方が載っていました。


【材料】
ざっくり切ったステビアの葉と茎 3カップ
水 3カップ

【作り方】
  1. 葉と茎をカップ1杯分の水に24時間浸しておく。
  2. 味見をして物足りなかったら、12~24時間さらに浸す。
  3. 漉しながら鍋に移し、水を2カップ加えて20分間煮詰める。
  4. 火からおろし、冷ます。


Slightly Steadyによると、単純に長く水に浸せばいいということではないようです。水に浸す時間は48時間がリミットとのこと。ヨーグルトやパンケーキなどにかけて、ぜひお試しください。

このシロップは冷蔵庫で保存すれば、数週間は持つそうです。低カロリーなのも嬉しいところですね。ライフハッカーでも以前紹介した「小さな頃からぽっちゃりだったエンジニアが、45kgの減量に成功した方法」の記事で、甘味料でもステビアだけは取っても良いという一文がありました。ステビアはダイエットの際にも有効ということでしょう。

ちなみに、ステビアの苗や種は、生花店や園芸店で販売されているようです。


Homemade Stevia Syrup | Slightly Steady

David Galloway(原文/抄訳:kiki)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.