• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

大嶋拓人大嶋拓人  - ,  12:00 PM

潜在能力を引き出すカギは「自分の失敗を受け入れる姿勢」である

潜在能力を引き出すカギは「自分の失敗を受け入れる姿勢」である

121021tosucceed.jpg


最新の研究によると、人間の潜在能力を引き出すカギは「強い自尊心」ではなく、「自分の失敗を受け入れる姿勢」だということがわかってきたそうです。今回は、米・コロンビア大学で「モチベーション」をテーマに研究する心理学者Heidi Grant Halvorson博士に、私たちにとって自分の失敗を受け入れる姿勢がなぜ重要なのかを教えてもらいましょう。


■自尊心は高ければ高いほどいいわけではない

Amazonで自己啓発のコーナーを見てみると、「自尊心(Self-esteem)」というリストの中に約5000冊もの本が紹介されているのに気づきます。それらの本のほとんどが「あなたの自尊心は低く、なんとかして高く保つようにするべき」と語りかけます。このような本がよく売れる理由は(特に欧米文化では)、「自尊心を持つことが成功の第一歩」と考えられているためです。このような本には「自分の能力が信じられなかったら、成功なんてできるわけがない」という、もっともらしい論理で著者の主張が書かれています。

もちろん、自分の能力を信じるためには常に能力を発揮していないといけません。しかし現実は、いつもミスを恐れて逃げるようになり、実際にミスをするとひどい気分になるでしょう。「完璧な自分」を維持するため、うまくやれることだけに集中するようになり、ミスをする可能性がある課題には近寄らなくなるのです。その場合、最も大事なのは、自分のエゴを守ることになってしまいます。

このように考えてみると、「自尊心は高ければ高いほどいい」とは言えなさそうです。実際、最新の研究によると「自尊心が高くてもそれが良い結果につながるわけではない」ということがわかりました。自尊心が高くても実力のあるリーダーになれるわけではないし、異性に魅力的と思われるわけでもありません。自尊心が高くても健康的な生活が送れるわけではないし、面接でいい印象が残せるわけでもありません。自尊心を高めても問題が解決しないなら、一体どうしたら良いのでしょうか? 

カリフォルニア大学のJuliana Breines氏とSerena Chen氏の研究によると、人間の潜在能力を引き出すカギは「自尊心」ではなく「自分の失敗を受け入れる姿勢」にあるそうです。

1  2

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.