• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

kasai  - ,  01:00 PM

相手の印象に残る上手な話し方を教えてください(LH質問箱)

相手の印象に残る上手な話し方を教えてください(LH質問箱)

121018goodimpressions.jpg


ライフハッカー編集部さま

自分の話を相手にしっかり覚えてもらえないことに悩んでいます。相手の印象に残らずスルーされることにはもうウンザリです。でも、自分を押し出しすぎてナルシシストだと思われるのもイヤです。どうしたら良いのでしょうか?

PN:影薄(Impressionless)より


影薄さま

言いたいことを言う方法にもさまざまありますが、ご自分でも理解なさっているように、悪い印象を残して覚えられるのは簡単です。しかし、良い印象を相手に強く残す方法だってもちろんあります。一朝一夕というわけにはいきませんが、以下の3つのポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか?


■ストーリーを語りましょう

何かを伝える時には「ストーリー」にするとインパクト抜群。「ストーリー」と言っても、長く回りくどい逸話とか、大げさな例え話とかではありません。簡潔で、よく練られた話をするということです。広告や政治家の話などをよく観察すると、「ストーリー」を用いていることがわかります。

例として、まずはこの動画「Googleの『検索ストーリー』の広告」を見てください。地味なネット検索の作業を「ラブストーリー」に仕立て上げることで「感情」が生まれています。また別の例として、Steve JobsがiPodをどうやって発表したかを思い出してみましょう。彼はiPodを単なるMP3プレーヤーとして売り出すのではなく、「1000曲をポケットに」という言葉で人々の想像力に訴えかけるという方法をとりました。

始めから終わりまで短くまとまったものであれ、聞く側にその後の展開を思い描かせるようなものであれ、ストーリーを使うことで、カタく論理的に話すよりも人々にずっとインパクトを与えることができます。生産性とアイデアに関するブログ「99u」の記事によると、説得力のあるストーリーには以下のような要素があるそうです。

  • 1つのアイデアを軸として展開している。
  • ストーリーに一貫性を与える「ムード」がある(上述の「検索ストーリー」であれば「希望」と「愛」、iPodであれば「エキサイティングであること」や「可能性」)。
  • あらかじめ考えた構成で忠実に進む。自分がどの部分を話しているかを把握できるようにする。
  • 短い。
  • 聞き手を引きつけるような具体性がある。
  • 弱さを見せることを恐れていない。その正直さによって、聞き手はむしろ安心する。


■ゆっくり話しましょう/いろいろな声の調子を使いましょう

「どんな風に話すか」という点も大切です。私たちの多くは早口で話してしまいがちですが、そのせいで自分の話していることに混乱してしまったり、相手にうまく伝わらなかったりするのです。ゆっくりしゃべりましょう。そして、必要があれば一呼吸おきましょう。たいていの場合、人は自分が思っているより早口で話しています。「途中で遮られたくない」とか、「賢そうに見える」といった理由で早口になることが多いのですが、実際は逆なのです。あまり早口だと、相手は話をうまく整理できませんし、そうなれば途中で「ちょっと待って!」と遮られてしまう可能性も上がります。

また、早口すぎると神経質っぽく見えてしまう危険性もあります。自分で「ゆっくりすぎる」と思っているくらいが、他人にとってはちょうどいいのです。適切なスピードを知りたければ、友達と会話の練習をして、意見を聞いてみると良いでしょう。

また、平板な調子で話すのは禁物です。豊かに表現して語りましょう。さまざまなトーンで話すことで、話が興味深いものに聞こえます。「Psychology Today」の記事によれば、声の調子・ボリュームに変化を与えることには、信頼性と知的な印象を高める効果があるそうです。顔の表情と同じく、声にも表情があるのです。

不自然に見えてしまってはいけませんが、言いたいことをしっかり伝えたいときには、声のトーンに気をつけてみましょう。


■身体でも表現しましょう

言葉で伝わるのはほんの少しのこと。コミュニケーションにおいては、ボディランゲージが大きな役割を占めています。だからといって、やたらと手足をバタバタさせてはいけません。大切なのは、「身ぶり」と「落ち着き」のバランスを取ることです。そのためのコツは、リラックス。自然に身体を使うことができるでしょう。

貧乏揺すりをしたり、顔をさすったりするのは神経質に見えてしまう恐れアリ。固くなったり、猫背になったりするのもNG。イスに座っているのであれば、自然に腰かけ、相手に関心を寄せたい時は軽く前方に重心を置きましょう。話している内容に合わせて感情を手ぶりで示しましょう。しかし、無理して意識的にやってしまってはいけません。流れの中で自然に出てきた身ぶりこそ、効果があるのですから。


以上、3つの点をお話ししてきましたが、大切なのは辛抱強く練習することです。そして何より、自分が重要だと思うポイントに焦点を合わせて話すことが肝心です。何が重要かを自分でわかっていなければ、それを他人に重要だと思わせることはできません。このポイントこそ、誰かに話を聞いてほしいときに一番大切なことだと思います。

ライフハッカーより愛をこめて


Adam Dachis(原文/訳:河西良太)

Photo by Alex Barth.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.