• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

大嶋拓人大嶋拓人  - ,  08:00 AM

シャーロック・ホームズに学ぶ「素早く正確な判断力を身につけるために」

シャーロック・ホームズに学ぶ「素早く正確な判断力を身につけるために」

121018better_decisions.jpg


素早い判断をするのは難しいものです。いつでもインターネットにアクセスできる昨今、少しでも良い判断をするべく、時間をかけて入念に調べ上げることも可能です。

米科学雑誌『Scientific American』によると、情報過多な時代に生きる私たちは「シャーロック・ホームズの素早く正確な判断力」を見習ったほうが良いようです。


小説家コナン・ドイルによる長編小説『緋色の研究」』の中で、シャーロック・ホームズは次のように語りました。

私は人間の脳を「何も置いていない小さな屋根裏部屋」のようなものだと考えている。そこには自分の好きな家具を入れていけばいい。愚か者はその部屋に大量のがらくたを詰め込んでいき、そのうち役に立つ家具はどこにあったかわからなくなってしまう。必要な知識を探そうにも、いらない知識ばかりで混乱してしまうのだ。

一方、賢い者はその屋根裏部屋に何を入れるかをよく考える。彼が入れるのは仕事に役立つ可能性のある道具だけで、それも完璧に整理整頓された状態を保っておく。

小さな屋根裏部屋の壁が伸びて、どこまでも膨らむと考えるのは間違いだ。君が新しい知識をひとつ得るたびに、それまで覚えていたものをひとつ忘れる時が必ずやって来る。つまり最も重要なことは、役に立たない知識のせいで有益な知識が失われないようにすることなのだ

シャーロック・ホームズが言いたいのは、私たちは役に立たない情報を詰め込みすぎており、それが判断力や記憶力に悪影響を及ぼすということです。何かを素早く判断する時、ノイズとなる情報(判断材料にならない細かい情報)は取り除くべきなのです。


Scientific Americanは次のように説明しています。

何かを判断するとき、「ノイズ情報」と呼ばれる情報を取り除く必要があります。感情や個人的な印象など「時には便利ではあるけれど、ほとんど根拠のない情報」もこの中に入ります。また、判断に直接関係しない「余分な情報」も、目が曇ってしまうので注意が必要です。


私たちは無駄な情報を詰め込みすぎています。そして、インターネットは無駄な情報であふれています。何かを判断するとき、まず「頭の屋根裏部屋」を掃除して、重要な情報だけに集中しましょう。この方法は、金曜日の夜に行くレストランを選ぶと時、新しいPCを買う時など、日常の多くの場面で使えるはずです。細かい情報をすべて覚える必要はありません。必要なのは重要な情報だけなのです。


Lessons from Sherlock Holmes: Cultivate What You Know to Optimize How You Decide | Scientific American

Thorin Klosowski(原文/訳:大嶋拓人)

Photo by shining.darkness.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.