• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itouitou  - ,,  12:00 PM

「辞め時」を知るために...決断できない人への考え方のヒント

「辞め時」を知るために...決断できない人への考え方のヒント

121005-time-to-quit.jpg


あなたは何かを「辞めようか」と悩んでいますか。仕事、恋愛、大学...何であれ、続けるのも辞めるのもつらい何かがありますか。続けるべきか辞めるべきか迷っている...こんな時は、どうやって決断すればいいでしょうか?


辞めるべきだとわかる時

「辞めた方がいい」という確かなサインが出ていることがあります。それは端から見れば誰にでもわかるもの。しかし、自分の状況を客観的に見るのは難しいことです。また、変わることは恐ろしく、現状に留まるべき理由がいくらでも見つかります。あなたがその「辞めるべきこと」に大きな労力を注いできた場合は、今さら辞めるなんてあり得ないとも思ってしまうでしょう。それでも何かを変える必要があると気づいているなら、少し俯瞰的に見て、真実を見極めてみましょう。


あなたは現状に対してプラスよりもマイナスが多いと感じていますか? もちろん、どんな状況にも良い面と悪い面があります。しかし、もう長い間、耐えられないほどの状況が続いているなら、根本的な変化を検討すべき時です。ため息が多くなり、辞める瞬間のことを考えると気分が良くなるようなら、それは見逃せない「サイン」です。


とはいえ、一体どうすればいいのでしょうか? あなたは今までさまざまなことを試してきました。そして、もはや状況は変えられないのでは、と思い始めています。あなたはもう何年も昇進できずにいるのかもしれません。あるいは、絶対に態度を変えない誰かが変わってくれるのを待っているのかもしれません。もしくは、上司が最悪すぎて辞める以外に選択肢がない状況なのかもしれません。


このまま時間を過ごしていても努力は報われず、健康を害してしまう可能性がありますか? 恐れをいったん脇に置いて、よく考えてみてください。その仕事を辞めたら、人生はより良くなると思いますか? その人間関係を続けていると、自分の限界を超えてしまうと思いませんか?

周囲の環境のせいで精神や身体の健康を損なっているなら、明らかな「赤信号」です。有害な人間関係から抜け出してください。それは、あなたの価値を認めてくれない上司やパートナー、クライアントかもしれません(仕事のストレスで髪の毛がごっそり抜けたり、朝の10時まで飲み続けているとしたら、まず異常なことです)。


あなたは間違った理由で現状維持を続けていませんか? 信頼よりも恐れから決断しているとしたら間違っています。誰かを傷つけるのを恐れていませんか。ただ責任感に縛れているだけなのでは? もしくは、自分が間違った選択をしたことを認めたり、同じ失敗を繰り返すのを恐れていたりするのかもしれません(転職したばかりの会社を辞めるなど)。 

「辞めること」そのものを善悪で考えないでください。「自分の価値」とも関係ありません。多くの人にとって「辞める」のは大変なことです。中には、変化こそが全てであり、辞めることなど簡単だという人もいるかもしれません。とにかく、「辞めること」自体の是非にこだわる必要はありません。

人を現状に引き止める要因のひとつに、経済学者が「サンクコストの誤り」と呼ぶものがあります。やめた方が良いのはわかっているのに、あまりに時間やお金を投資してしまったがゆえにやめられなくなることです。この手の間違った思考の犠牲者にならないように。


あなたの友人たちはずっと「辞めた方がいい」と言っていませんか? あなたが他人の意見には左右されない主義だとしても、友人たちはあなたの幸せを願っているだけなのであり、あなた自身よりもあなたに必要なことが見えているケースも多いのです。



辞める前に

さて、あなたはようやく「辞めてもいいかな」と思えてきました。辞めることのメリットも見えてきました。とはいえ、それが正しい決断であることを確認したいはずですね。


不幸の根本の原因を突き止めましょう。原因は思いがけないところにある場合もあります。最近ずっと気分がすぐれないのは、単に睡眠不足のせいかもしれません。もしくは仕事をやり遂げるための必要なツールやスキルが欠けているのかもしれません。いざ行動に移す前に「本当の原因」を見極めてください。


客観的になるためには日誌をつけるとよいでしょう。その仕事が自分に合っているか診断するには「キャリア診断シート」(英文記事)のようなツールが助けになります。米・カリフォルニア大学バークレー校の「Greater Good Science Center」による「問題解決フレームワーク」も優れたツールです。


焦らないことです。どんなことでも成果が出るまでには時間がかかります。ダイエットだってそうでしょう。始めたばかりの仕事なら、うまくいかないのが当たり前。あなたが新進気鋭のアーティストなら、最初は思い通りの作品ができないのが普通だと知りましょう。米・ラジオ番組「This American Life」のプロデューサーIra Glass氏も「あきらめずに作り続けるように」と言っています。「Pixar」のアニメーターAustin Madison氏はひと言、「貫き通せ」だそうです。


辞める以外の方法も試してください。パートナーといつも同じことでケンカしているなら、相手の視点に立って状況を見てみます。コミュニケーションの仕方を変えたり、関連する本を読んだり、信頼できる友人やセラピストの協力を仰いでください。


バックアッププランを持ちましょう。辞めたら次に何をするのか、それにはどんな準備が必要かを考えておきます。「仕事をやめて独立するための7つのチェックリスト」もご参考に。


以上をよく検討しておけば、辞めるにせよ続けるにせよ、自信を持って決断できるはず。

まだ何をすればいいかわからない? そんなときは「コイン・トス」です。ただし、コインの結果を見る前に自分をよく観察してください。コインが空中を舞っている間、心に何が浮かびましたか?

無意識は本当の気持ちを知っているものです


Melanie Pinola(原文/訳:伊藤貴之)

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.