• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itouitou  - ,,,,,  09:00 PM

Mac主要ブラウザのスピード対決!(Chrome 22、Firefox 15、Safari 6、Opera 12.02)

Mac主要ブラウザのスピード対決!(Chrome 22、Firefox 15、Safari 6、Opera 12.02)

121003-browser-speed-test.jpg


OS X Mountain Lionには最新版の『Safari 6』が搭載されています。さて、気になるスピードはどうなのでしょう? この記事では、Macの主要ブラウザ(Chrome、Firefox、Safari、Opera)のスピード対決を行います。比較するのは、起動時間やタブの読み込み時間など。

今回のテストではChromeの「プレレンダリング機能」やFirefoxの「タブのオンデマンド読み込み機能」など、ブラウザ独自の新機能のテストも行います。なお、すべてのテストはSSD内蔵のMacBook Airを使用。SSDなので起動が劇的に速くなっています。ですので、以前のブラウザテストと今回のテストを単純に比較しないように注意してください。

もちろん、スピードだけでブラウザを評価することはできません。それぞれのブラウザが独自の機能や特徴を持っています。さまざまな要素を比較してブラウザを選ぶ必要があります。また、PCのスペックや、使用する拡張機能などでも数値は異なってきます。とはいえ、基本的な目安にはなるはずですので、ぜひ参考までに!


起動時間:Safari

121003-browser-cold-start.jpg

SSDなのでブラウザの起動は総じて速いです。これこそが米LifehackerがSSDをオススメしてきた理由でもあります。中でもSafariが最も速く、わずか1秒で起動します。Chrome、Firefoxも同じくらい速く、Operaだけが少し離され、約1.5秒でした。


タブの読み込み:Firefox

121003-browser-tab-loading.jpg

Firefoxは驚くほど速く、9つのタブをすべて読み込むのにわずか7秒。Chromeが僅差でつけて8秒前後、Safariは9秒、Operaは10秒を少し超えるくらいでした。


URL読み込み:Chrome

121003-browser-url-loading.jpg

Chromeのプレレンダリング機能は素晴らしいです。アドレスバーのURL補完でサイトにアクセスする時(つまりよく行くサイトの場合)は、ほぼ一瞬でページが開きます。Safariも驚くほど僅差で速く、Firefoxが3番手で1秒を少し下回るくらい。Operaが一番遅く、3番手のさらに2倍以上の時間がかかっています。


セッション復元時間:Opera

121003-browser-cold-restart.jpg

Firefoxの「タブのオンデマンド読み込み機能」のために設定したテストですが、なかなか困難でした。「タブのオンデマンド読み込み」とは、たくさんのタブを開いたままでセッションをすばやく復元するための機能。テスト方法としては、9つのタブを開いたままブラウザを起動し、ブラウザの「基本的な操作が可能となる」までの時間を計測しました。というのも、FirefoxやOperaは最初に1つか2つのタブだけを読み込み、残りのタブはクリックされるまで読み込まない仕様になっているからです。一方、ChromeやSafariは同時にすべてのタブを読み込もうとします。そのため、たくさんタブがあるとクラッシュしたり動作がとても遅くなったりします。

では結果は? Firefoxの「タブのオンデマンド読み込み」は優れた機能ですが、Operaの方が最初のタブを読み込むまでが速く、起動からわずか数秒で基本的な操作が可能となりました


『RoboHornet』のテスト:Safari

121003-browser-robohornet.jpg

Mozillaのテストツール『Dromaeo』は少し時代遅れであり、たまにクラッシュする困りでした。そこで今回は新しいベンチマークツール『RoboHornet』を試してみることに。コミュニティーベースで開発されたツールで、スクロールやcanvas、DOM、SVG、JavaScriptの実行速度をかなり正確に計測できます。まだリリースされたばかりで足りない点もありますが、マイクロベンチマークができるツールとして、もはやなくてはならないものとなっています。

このテストではSafariとChromeに軍配が上がりました。FirefoxとOperaは少し後れをとったようです。


メモリ使用量(9つのタブを開いた場合):Safari

121003-browser-memory.jpg

メモリの節約ではSafariが圧勝! もちろんメモリ使用量は状況で変わります。50MBのときもあれば100MB近くのこともありました。しかし、他のブラウザに比べて圧倒的にメモリ消費量が抑えられています。FirefoxとOperaは300MBくらい、Chromeは500MBを超えてしまいました。


メモリ使用量(9つのタブと5つの拡張機能を使った場合):Safari

121003-browser-memory2.jpg

5つの拡張機能を追加してもSafariが圧勝です。Chromeは1GBを超えてしまいましたし、OperaやFirefoxも大量のメモリを消費しました。


総合得点

総合得点を決めるのは少々ナンセンスですが、どのブラウザが優勝したのかは皆さん知りたいはず。結果は以下:

  • Safari:78%
  • Firefox:64%
  • Chrome:60%
  • Opera:46%

優勝はSafariです! SafariはMac標準のブラウザなので、OS Xに最適化されていても不思議はありませんね。Firefoxはかなり良い成績であり、Chromeも僅差で追っています(メモリテストは惨敗ですが)。Operaはちょっと離されてしまいました。もちろん、自分にとって重要な指標は何かをよく考えて、総合得点だけではなく上記の個別テストも参考にしてください。例えば、Firefoxの「タブのオンデマンド読み込み」が好ましくないなら、Chromeを選ぶのもアリです。

このテストが全てではありませんが、ブラウザのスピードテストとしては十分に参考になると思います。実際に使ってみて、どうもテスト結果と違うというものがあれば、コメントで教えてください。


Whitson Gordon(原文/訳:伊藤貴之)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.