• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

安齋慎平  - ,,,,,  09:00 PM

Googleリーダーから直接『Evernote』などに記事を共有する方法

Googleリーダーから直接『Evernote』などに記事を共有する方法

121007googlereadershare.jpg


Googleリーダーの個別フィードをクリックすると共有ボタンが表示されますが、デフォルトの設定ではGoogle+のボタンしか表示されていません。ほかのSNSと連携させて、Googleリーダーから直接投稿できたら便利です。

実は、Googleリーダーの「設定」からほかのSNSとの連携できます。しかもカスタム機能を使えば、Evernoteとの連携も可能です



■設定の手順

以下で設定方法を紹介しますので、参考にしてみてください(各画像はクリックすると拡大します)。

1. まずは歯車マークの設定ボタンから、「リーダーの設定」を選びます。

121007googlereadershare1.jpg


2. 設定の中にある「送信先」を選びます。

121007googlereadershare2.jpg


3. 共有できるSNSや「あとで読む系」アプリなどのリストが表示されますので、自分の共有したいサービスを選んでチェックボタンに「レ」を入れます

121007googlereadershare3.jpg


4. 試しにTwitterとFacebookにチェックを入れてみました。Googleリーダーのフィード画面に戻ると、以下のようにTwitterとFacebookへ投稿できるボタンが追加されているのがわかります

121007googlereadershare4.jpg



■カスタムリンクを使ってEvernoteを連携

さて本題のEvernoteとの連携ですが、その方法がEvernote公式ブログに書いてありました(How to Send Blog Posts from Google Reader to Evernote)。これによると、GoogleリーダーとEvernoteの連携方法は以下の通り。

1. 「カスタムリンクを作成」を押す

121007googlereadershare5.jpg

「名前」、「URL」、「アイコンの URL」という入力フォームが現れます。


2. それぞれに文字列を入力する

121007googlereadershare6.jpg

各フォームには、以下の文字列を入力します。

  • 名前:Evernote
  • URL:http://s.evernote.com/grclip?url=${url}&title=${title}
  • アイコンのURL:http://www.evernote.com/favicon.ico



たったこれだけで、GoogleリーダーとEvernoteを連携できます。フィードに戻ると、以下のようにEvernoteボタンが追加されています。

121007googlereadershare7.jpg

Evernoteに保存されたノートをチェックしてみましたが、しっかりと記事全文が記録されています。これなら問題なくEvernoteに保存し続けられそうです。

121007googlereadershare8.jpg


今回紹介したのはGoogleリーダーとEvernoteの連携方法でしたが、このカスタムリンクを応用すれば、Googleリーダーをもっと便利にできそうです。もし面白い使い方を思いついたという人は、ぜひ以下のコメント欄で教えてください。


(安齋慎平)

(2012.10.7更新)

  • ,,,,,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    Sponsored

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    世界的に知名度の高い宿泊予約のマーケットプレイスといえば、「Airbnb(エアビーアンドビー)」。2008年に誕生して以来、世界各国に広がり、現在は世界191カ国、3万4000以上の都市で利用されています。 そして今あらためて、空き部屋などを有効利用する手段や新たなビジネスのかたちとして、「Airbnbのホスト」に注目が集まっています。 物件の管理や接客の仕方、また、お部屋のコーディネイトなど、  10:00 PM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.