• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

安齋慎平  - ,,,,,  09:00 PM

Googleリーダーから直接『Evernote』などに記事を共有する方法

Googleリーダーから直接『Evernote』などに記事を共有する方法

121007googlereadershare.jpg


Googleリーダーの個別フィードをクリックすると共有ボタンが表示されますが、デフォルトの設定ではGoogle+のボタンしか表示されていません。ほかのSNSと連携させて、Googleリーダーから直接投稿できたら便利です。

実は、Googleリーダーの「設定」からほかのSNSとの連携できます。しかもカスタム機能を使えば、Evernoteとの連携も可能です



■設定の手順

以下で設定方法を紹介しますので、参考にしてみてください(各画像はクリックすると拡大します)。

1. まずは歯車マークの設定ボタンから、「リーダーの設定」を選びます。

121007googlereadershare1.jpg


2. 設定の中にある「送信先」を選びます。

121007googlereadershare2.jpg


3. 共有できるSNSや「あとで読む系」アプリなどのリストが表示されますので、自分の共有したいサービスを選んでチェックボタンに「レ」を入れます

121007googlereadershare3.jpg


4. 試しにTwitterとFacebookにチェックを入れてみました。Googleリーダーのフィード画面に戻ると、以下のようにTwitterとFacebookへ投稿できるボタンが追加されているのがわかります

121007googlereadershare4.jpg



■カスタムリンクを使ってEvernoteを連携

さて本題のEvernoteとの連携ですが、その方法がEvernote公式ブログに書いてありました(How to Send Blog Posts from Google Reader to Evernote)。これによると、GoogleリーダーとEvernoteの連携方法は以下の通り。

1. 「カスタムリンクを作成」を押す

121007googlereadershare5.jpg

「名前」、「URL」、「アイコンの URL」という入力フォームが現れます。


2. それぞれに文字列を入力する

121007googlereadershare6.jpg

各フォームには、以下の文字列を入力します。

  • 名前:Evernote
  • URL:http://s.evernote.com/grclip?url=${url}&title=${title}
  • アイコンのURL:http://www.evernote.com/favicon.ico



たったこれだけで、GoogleリーダーとEvernoteを連携できます。フィードに戻ると、以下のようにEvernoteボタンが追加されています。

121007googlereadershare7.jpg

Evernoteに保存されたノートをチェックしてみましたが、しっかりと記事全文が記録されています。これなら問題なくEvernoteに保存し続けられそうです。

121007googlereadershare8.jpg


今回紹介したのはGoogleリーダーとEvernoteの連携方法でしたが、このカスタムリンクを応用すれば、Googleリーダーをもっと便利にできそうです。もし面白い使い方を思いついたという人は、ぜひ以下のコメント欄で教えてください。


(安齋慎平)

(2012.10.7更新)

  • ,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored by cocokuri 体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変  11:00 AM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.