• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,  09:00 AM

疲れ目を防ぐ! PCなどのディスプレイを見る時の「目に優しい条件」とは?

疲れ目を防ぐ! PCなどのディスプレイを見る時の「目に優しい条件」とは?

121003_eyes_01.jpg


一日中ディスプレイをジッと見ていると、眼精疲労や目のトラブルの原因になります。眼だけでなく、肩や首のコリを防ぐためにも、人間工学ならぬ「眼工学」に基づいたディスプレイの見方を覚えておきましょう。

The Vision Council」に、デジタル機器からくる眼精疲労を防ぐための16ページにもわたるガイドが載っていました。充血、ドライアイ、かすみ目、疲れ目、頭痛など、デジタル機器が引き起こす症状はさまざま。また、首、肩、背中の痛みも、仕事中の姿勢や環境が悪いのが原因になっていることがあります。それらから身を守るための「目に優しい条件」が紹介されていました。


以前ご紹介したPCを20分使ったら、20秒間、20フィート(約6メートル)先を見て目を休めるという「20-20-20ルール」のような眼精疲労にならないための方法を、The Vision Councilではたくさん紹介していました。

中でも興味深いのは、PCのディスプレイは「ハイタッチ」できるような距離にするというものです。ハイタッチできないような距離は、座る位置がディスプレイに近過ぎるということ。さらに、目に優しい座り方やその他の条件は、以下の画像を参考にしてください。

121003_eyes_02.jpg

  • ディスプレイの一番上の部分が、目の高さと同じか、それより少し下になるようにする。
  • 目とディスプレイの距離は腕の長さと同じくらい。
  • モニタは顔の正面になるようにする。斜めにはしない。
  • ディスプレイからの視線の角度が35度以上にならないようにする。
  • キーボードは上腕が垂直に下りるような位置に置く。
  • 室内の明かりは薄暗く。部屋の中ではディスプレイが一番明るいようにする。
  • アンチグレアタイプのフィルムを使うなどして、ディスプレイのコントラストが強くなり過ぎないようにする。
  • 背骨がきちんと伸びるようなイスに座る。
  • イスは足が床にきちんと着くような位置にする。


スマートフォンを見る場合は、以下の画像を参考に。

121003_eyes_03.jpg

  • ディスプレイはアイレベル(立った状態での目の高さ)より少し下げる。
  • フォントサイズやブラウザの設定を読みやすい大きさにする。
  • 目に優しい距離でデバイスを持つ。
  • スクリーンの解像度、明るさ、コントラストも目が疲れないようにする。

ライフハッカーでは「PCによる疲れ目の予防法」をこれまでにも紹介してきました。併せて参考にしてみてください。


Screens, Phones, Tablets and More: Keeping Your Eyes Safe in a Digital Age | The Vision Council via The Atlantic and Next Draft

Melanie Pinola(原文/訳:的野裕子)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.