• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

安齋慎平  - ,,  11:00 AM

自分の行きつけの場所を探そう! 近くの図書館を探す3つの方法+α

自分の行きつけの場所を探そう! 近くの図書館を探す3つの方法+α

121004tosyokansearch.jpg


自分の住んでいる地域や会社の近くにも、意外と図書館はたくさんあるものです。会社帰りに自習室として利用したり、休日に本を探しに訪れてみたりと、図書館は単に調べものをする場所だけではなくオフの時間をうまく使うための絶好の場所になります

この記事では、近くの図書館を調べるためのツール(アプリ)を3つ紹介します。続きは以下より。


■全国の図書館を横断検索「カーリル」

121004 calil2.jpg

1.カーリルとは?

カーリル」は、2012年10月4日現在で全国 6191カ所の図書館の場所を調べることができる定番サイト。図書館の詳細情報には、住所・電話番号・地図(Googleマップ)などのほかに、ブログや口コミなど図書館に関する生の声を調べることができます。

121004 calil3.jpg


2. 蔵書検索もできる

カーリルでは、単に図書館を調べるだけではなく、蔵書検索もできます。例えば渋谷区で「白洲次郎」と検索すると、以下のように「その地域に蔵書があるかどうか」を表示してくれます。

121004 calil4.jpg

本の個別ページ下部には、Amazonのカスタマーレビューも表示されます。このような口コミ情報は、本を選ぶ際の参考になると思います。

121004calil7.jpg


3. 本の予約もできる

個別ページからは本の予約も可能。予約ボタンを押すと、図書館サイトの書籍予約ページが開きます。ここで図書館のIDとパスワードを入力すれば本の予約の完了です。

121004calil5.jpg

OpenIDでログインすると、「読みたい本リスト」、「読んだ本リスト」を利用できます。これらのページに自分の読んだ本(読みたい本)を登録可能。Amazonへのリンクもあり、本を購入したい時にも役立ちます。

121004calil6.jpg


■iOSユーザーなら『図書館日和』

121004tosyokanmap.jpg

iOSユーザーであれば、『図書館日和』というアプリがおすすめ。上の図のように都道府県から・現在地から図書館を探せます。アプリのページによると、大学図書館を含む全国5000館以上の図書館に対応しているようです。

自分のよく行く図書館があるなら蔵書検索ツールとして使えますし、予約を選べば本の貸し出し手続きに進めます。

121004tosyokanmap2.jpg

このアプリの特徴的な機能としては、バーコードで本を読み取れる点が挙げられます。「後で読みたい本」を図書館で見つけた時や、書店に並んでいる本をチェックしたい時に役立ちそう。ただ、店頭だとカメラで本を盗撮しているように見られる可能性もあるので注意してください。

121004tosyokanmap3.jpg


■Androidユーザーなら『Libraroid - 図書館予約 -』

121004tosyokandroid1.jpg

Androidユーザーは『Libraroid - 図書館予約 -』が便利です。全国の図書館に対応しており、一度に2つまで図書館を指定できます(区内に複数の図書館がある場合は、受け取る図書館も設定可能)。このアプリも、図書館と書籍を検索できます。

バーコードリーダーが端末にインストールされている場合、本のバーコードを読み取ることでバーコードによる蔵書検索もできます。

121004tosyokandroid2.jpg


以前は図書館ごとに蔵書検索がバラバラになっていて、探すのが面倒だった蔵書検索。しかし、今では1つのサイトで一括検索ができ、しかもスマホからの検索も可能になっています。操作も簡単なので、ぜひ一度オンラインで図書館や本を探してみましょう。自分で図書館に行って探す本とは、また違った本を見つけることができるかもしれません。


(安齋慎平)

Photo by uberculture.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.