• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,  01:00 PM

短期的にも長期的にも記憶力を伸ばすテクニック「チャンキング」

短期的にも長期的にも記憶力を伸ばすテクニック「チャンキング」

121002chunking.jpg


短期記憶として一度に覚えられるものは、ほとんどの人が「異なる4~7個」のものだけだそうです。この限界を超えるには、「チャンキング」と呼ばれる、かたまりで覚える記憶テクニックを使うといいようです。いくつかのアイテムをグループ化することで、よりたくさんのものを覚えることができるようになります。

チャンキングをする時には、一見は何の関係もないようなバラバラの情報に、何か意味あるもの、つまり「覚えやすくなるようなもの」を追加します。例えば、「トマト、イチジク、レタス、オレンジ、リンゴ」というような買い物リストを覚えなければならない場合は、その頭文字を取って「トイレ、檻(オリ)」という風に、バラバラに覚えるよりももっと覚えやすいかたちに変えます。いわゆる語呂合わせです

電話番号(携帯電話が登場する前は特に)や歴史の年号を、語呂合わせで覚えたことがある人も多いのではないでしょうか。このように、記憶したい対象をグループ化したり意味付けをしたりするのは、すでにチャンキングのテクニックを使っているといえます。


最近、米誌「The Atlantic」では、神経科学者Daniel Bor氏の著書『The Ravenous Brain』の中に登場するチャンキングの素晴らしさに注目していました。ある研究では、7桁の数字までしか覚えられなかったボランティアの大学院生が、20カ月チャンキングの練習をした後では、80桁の数字まで覚えられるようになったとあります。そのボランティア院生は短距離走の選手だったので、走るタイムが3分49秒2だとしたら、3492という数字をグループにして覚えるようにしました。

数字や文字列のように、覚えにくいものに意味を与えるというやり方は、ライフハッカーでも以前紹介したように、全米記憶力チャンピオンが使っている方法でもあります。

1  2

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.