• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,  01:00 PM

メーカーのMac愛が注がれたiMacにピッタリの高さ調節アクセサリー「HiRise」

メーカーのMac愛が注がれたiMacにピッタリの高さ調節アクセサリー「HiRise」

120927_HiRise.jpg


iMacやApple Displayの下に何もないスペースがあったら...そんな願望をかなえてくれる米Lifehackerスタッフオススメのアクセサリーがありました。ちょっとした小物入れが欲しい人や、ただもう少しモニターの位置を上げたいという人にも、まるでAppleが仕上げたような「HiRise」はいかがでしょう。

HiRiseはアルミ製なので、iMacやApple Displayにバッチリ合います。このアルミの小さな箱は、モニタースタンドのL字型の足を後ろから入れて、モニターの位置を高く調整することができます。また、手前のフタを開けると、ちょっとした小物入れのようなスペースがあり、外付けHDDやスマートフォン、Mac Mini、上の写真のようにカギや財布など、何でも小物を入れておくことができます。

人間工学的にも、使いやすさとしても、モニターの位置を高くしたかったけれどAppleのテイストに合う良い物がなかったという人には、ぜひともオススメしたい逸品です。HiRiseは、79.99米ドル(しかも日本への送料はさらにプラス30米ドル)と決して安いものではありませんが、このAppleナイズなデザインと機能を兼ね備えたアクセサリーであれば、それだけの価値はあるのではないでしょうか。

また、このHiRiseを製作している「Twelve South」社のポリシーが熱過ぎて泣かせます


私たちは、世界最高のコンピューターであるMacには、世界最高のアクセサリーがふさわしいと思っていますので、真のMacファンに喜んでもらえるような製品を作っています。 

真のMacファンと同じように、Appleに熱意を注いでいます。地球上で最高のMacアクセサリー製作会社となるために精進していきますので、どうか私たちと共に歩み、サポートしてください。出掛ける時も、Appleの製品のためだけに作られたアクセサリーを使ってください。

そんな熱いメッセージに引かれるように、ライフハッカー編集部はHiRise以外のプロダクトにも目を向けてみました。


■MagicWand

120930twelvesouth_3.jpg

MagicWand」はApple Wireless KeyboardとMagic Trackpadをひとつなぎにできる補助ツール。元から一体型だったのではと見間違うほどきれいに収まっています。29.99米ドル。


■BookBook

120930twelvesouth_2.jpg

MacBook用に設計されたハードカバーの本革ケース「BookBook」。内側にはビロードのようなクッション素材が貼られ、大事なMacをしっかりガード。外見はクラシカル、中身は最新テクノロジーというギャップが魅力です。お値段79.99米ドルより。


■BassJump 2

120930twelvesouth_5.jpg

まるで純正品のような統一感を思わせるサブウーファー「BassJump 2」。USBケーブル1本だけでつながる手軽さながら、音質は「AMラジオからHi-FIサウンドシステムにするようなものだ」と自信をのぞかせます。お値段69.99米ドル。


他にも、iPad用モバイルスタンド「Compass」や、iPadをMacに取り付けられる「HoverBar」など、魅力的なプロダクトがそろっています。Twelve South社の一部製品は、日本のApple Storeでも取り扱いがあるようです。


HiRise | Twelve South

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子、補:ライフハッカー[日本版]編集部)

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.