• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,  03:05 PM

Google Playに電子書籍ストアがオープン! iOSアプリ提供、複数リーダーにも対応


電子書籍業界に新たな対抗馬?

Googleは、「Google Play」内で電子書籍を販売する「書籍」ストアを、本日9月25日より日本向けにもオープンしました。Android端末のみの対応かと思いきやiOSアプリも提供、さらにはSony ReaderやKobo Touchなど「Adobe Digital Editions」を実行しているすべての電子書籍リーダー端末で読むことができます。現行ではKindleはサポートされていませんが、「将来サポートを検討する可能性があります」とのこと。


電子書籍を読む方法としては、大きく次の4つ。

  • ウェブブラウザ
  • Android(専用アプリ)
  • iPhone/iPad(専用アプリ)
  • 対応している電子書籍リーダー

購入した電子書籍は、メール同様にインターネット経由で閲覧することができます。ライブラリやデータはすべてデジタルクラウドに保存されるため、ブックマークや読書履歴なども複数端末で共有することができます。朝、出勤中にアプリで読み、夜はブラウザからブックマークをつけた部分をまとめる、という使い方ができそうです。

また、ダウンロードすればオフラインで読むこともできます。この場合、ブラウザで読むためにはChromeを利用し、事前に「Google ブックス アプリ」をインストールしておく必要があります。

対応デバイスの豊富さはありがたいところですが、気になるのはお値段。記事冒頭の動画にあるように、鈴木良介『ビッグデータビジネスの時代』を試しに購入してみました。価格は1800円。書籍版は1890円のため、この書籍に関してはほぼ同額。ですが、モノによってバラつきがあるようです。なお、購入には「Google ウォレット」が適用されるため、Googleアカウント及びクレジットカードまたはデビットカードが必要となります。

また、現時点では、iOSアプリ版はまだApple App Storeに上がってきていないようです。

ラインナップを見たところ、現行では一部の出版社の書籍のみが対応しているようで、それほど商品数は多くありません。さまざまな点で「オープン直後」といった感はありますが、今後の動きに注目が集まります。既存の販売サイト、楽天、そしてKindleが近日発売となったまま動きのないAmazonと、電子書籍をめぐる環境は変わりつつありますが、Googleの参入によりまた新たな一面を迎えようとしています。


Google Play(書籍ストア)

(長谷川賢人)

  • ,,,,,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    Sponsored

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    世界的に知名度の高い宿泊予約のマーケットプレイスといえば、「Airbnb(エアビーアンドビー)」。2008年に誕生して以来、世界各国に広がり、現在は世界191カ国、3万4000以上の都市で利用されています。 そして今あらためて、空き部屋などを有効利用する手段や新たなビジネスのかたちとして、「Airbnbのホスト」に注目が集まっています。 物件の管理や接客の仕方、また、お部屋のコーディネイトなど、  10:00 PM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.