• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,  11:00 AM

「指を使ったかけ算」のやり方は2桁同士もできました

「指を使ったかけ算」のやり方は2桁同士もできました

120922numberhands2.jpg


「指を使ったかけ算のやり方」として、前回は6~10の数字を使ったパターンをご紹介しました。「九九で暗算した方が...」というごもっともな声も寄せられましたが、これをきっかけにあれこれ考えたり試してみたりしてもらえればということで、どうか。

さて、前回の記事に読者の方からコメントをいただきました。ありがとうございます。そのコメントによると、やり方を少し変えれば、2桁のかけ算もできるのだそうです。


120922numberhands2_2.jpg

コメントをいただいたUsuki Teppeiさんによると、このやり方で11~15の数字を使ったかけ算ができます。今回は「12×13」を解いてみます。

  1. まず、11から15までの数字を、小指を11、親指を15としてそれぞれ割り当てます。
  2. かけたい2つの数字の、左手の指と右手の指をくっつけます(左手12 ─ 右手13)。
  3. くっつけた指を含め、そこから下にある指の数の合計に、まず10を足してから、さらに10をかけます(この場合は左手2本、右手3本なので「(2+3+10)×10=150」となる)。
  4. くっつけた指を含め、そこから下にある左右の指の数をかけます(この場合は左手2本、右手3本なので「2×3=6」となる)。
  5. (3)と(4)を足した数が、かけ算の答え(「150+6=156」)になります。

1桁とちがって、2桁が解けるとちょっとした爽快感があるような気がします。前回のやり方と合わせて、こちらも話のタネにどうぞ。


UPDATE(2012年9月23日23時10分):ステップ4の表記を修正しました。

(長谷川賢人)

Photo by Thinkstock/Getty Images.

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.