• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,  09:00 PM

生産性やクリエイティビティを上げるには花屋さんと仲よくなろう

生産性やクリエイティビティを上げるには花屋さんと仲よくなろう

120919_flower.jpg


花を見ていると気分が良くなったり、心が癒されたりするというのは、何も驚くようなことではありません。道端で出会う花も心を穏やかにしてくれますが、職場にも花を飾ると良い効果があるそう。仕事での不安が消え、生産的になれるというのです。

ヘルスケアブログ「Greatist」の調査によると、デスクの上に花がなくても、仕事場に花があるだけで穏やかな気持ちになり、仕事がはかどったり、よりクリエイティブになるのだとか。


会社のデスクに花を飾っている人や、仕事場で花に囲まれているという人は、すでにこのような効果を実感していると思います。筆者も、以前の職場ではデスク周りに花の咲く植物があり(花粉アレルギーなので少し離れたところに置いていましたが)、殺風景な場所の雰囲気が間違いなく変わったと言っています。

Greatistによると、朝起きた時に目に入るところに花を置くと、気分が上がって一日を穏やかな気持ちで過ごせるとあります。また、これは男女関係なく同じように効果が期待できるそう。Greatistでは、花による効果を日常に取り入れるために、以下のような提案をしていました。

  • デスクの上に新鮮な花を飾る。
  • 日中、ほとんどの時間を過ごす場所に新鮮な花を置く。
  • 職場では、植物の水やりを休憩に使う。スペースと時間があれば、自分自身で花を育ててみるのも効果的。
  • ラベンダーの香りをまとって眠る。 ラベンダーは不眠症 、緊張、神経過敏などを和らげる効果が期待できる。

ライフハッカーでは以前にも「健康的なオフィスをつくるための10カ条」で観葉植物を配置すると疲労やストレスを減らす効果があることや、「自然の中に出かけると、創造性・幸福度・集中力が上がるという研究結果」を紹介しました。

帰り道に、休憩時間に、花屋さんに立ち寄りたくなってきましたか?


Need to Be Productive? Buy Some Flowers | Greatist

Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

  • ,,,, - By

    三浦一紀

    LIKE

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    Sponsored

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    2013年に発売された『統計学が最強の学問である』という書籍。ご存知の方も多いのではないでしょうか。統計学を知ることで、自分の人生を上手にコントロールできると謳われたこの本が流行したことで、一時統計学がちょっとしたブームになりました。 しかし、統計学という学問自体が割と難解なため、一般の人々が学ぶには少々ハードルが高い気もします。当時興味を持ったという方々も、あまり理解できずに通り過ぎてしまった  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.