• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

nonoshita  -   11:00 AM

今まで見たことがないスタバ「Starbucks Espresso Journey」に行ってきた

今まで見たことがないスタバ「Starbucks Espresso Journey」に行ってきた

120915starbucks1.jpg


これがスタバ?と驚くのも無理はありません。先日、表参道の裏原エリアにオープンした期間限定ショップ「Starbucks Espresso Journey(スターバックス エスプレッソ ジャーニー)」は、外観からしてグレーのみという、かつて見たことがない姿。

マクドナルドやケンタッキーと同じく、世界中どこへ行ってもランドマークのように同じ店舗デザインを展開しているスタバにとって、世界初となる完全オリジナルコンセプトで展開されているのです。隣にあるスタバの表参道B-SIDE店も、他店に比べると独特な雰囲気のあるインテリアデザインで知られてますが、今回はそれをさらに上回るオリジナリティっぷりで、うっかりするとスタバかどうかわからないほどだったりします。


120915starbucks2.jpg


中に入るとさらに驚くのは、壁面すべてが白い本棚で覆われていること。まるで図書館のような雰囲気で、スタバどころかカフェかどうかもわからないほど大胆なレイアウトになっているのです。

120915starbucks3.jpg


といってももちろんここはスタバ。棚にずらりと並んだ9種類のエスプレッソカラーの本はオーダーのためのもので、ブックカバーにあるドリンクのテイストやレシピの解説を見て、気に入った本を奥にあるカウンターへ持っていくと、それと同じドリンクが出てくるというスタイルになっていまです。

全部で9種類ある本=メニューは、全てエスプレッソをベースにした「ラテメニュー」と呼ばれるもの。カプチーノやソイラテなどの定番エスプレッソ7種類に加え、「ダブル ショート クラシック ラテ」と「ダブル ショート クラシック カプチーノ」という限定メニューも2種類用意されています。


120915starbucks04.jpg


ドリンクを入れるカップもショップに合わせた黒をベースにしたオリジナルデザインで、オーダーできるのはショート&ホットのみ。価格はどれも500円なのですが、もしかしてプレミア価格?と思った方はご安心を。ドリンクには焼き菓子とさらにオーダーした本のカバーもおみやげに付いてきます。

これはスタバで売られているタンブラーの着せ替えカバーにも使えるようになっていて、かえってお得感があったりします。それだけに、カップも合わせておみやげに持ち帰るスタバファンも少なくないとか。


120915starbucks6.jpg


それ以外にも、壁のところどころに置いてあるiPadでは、9種類のラテメニュー・レシピの説明や、オリジナルコンテンツも楽しめるようになっています。エスプレッソの作り方や、"ラテラバー"とスタバが呼んでいる、エスプレッソベースメニューをこよなく愛する人達のメッセージビデオもあって、こうした細かい演出がところどころにあるのも限定ショップならではという感じ。


120915starbucks5.jpg


さらに建物は2階があって、階段を昇るとがらりと雰囲気が変わります。

広々とした見通しのよい空間が広がっていて、オリジナルマグやトートバックなどの限定グッズやタンブラーの販売コーナーや、エスプレッソマシンもあって、いつものスタバに近いレイアウトになっています。とはいってもドリンクのオーダーはできなくて、マシンはバリスタ体験専用。ここでスタッフの指導を受けつつ、スタバ・グリーンのエプロンを着けてスターバックスラテを作ることができるのだとか。ワンコイン500円で体験できるけれど、ショップでの予約が必要なのでその点はご注意のほどを。


120915starbucks7.jpg


スタバファンでなくとも一度は訪れてみたくなる、本ショップ全体のコンセプトと空間プロデュースしたのは、世界を舞台に活動するデザインオフィス「nendo(ネンド)」代表の佐藤オオキ氏。日本とイタリアにオフィスがあり、月の半分を海外で過ごす以外は、毎日オフィスの近所にあるスタバに通うほどのラテラバーというオオキ氏は、今月末に出版される、初めて文章をまとめた著書『ネンドノカンド〜脱力デザイン論〜』の多くもスタバで執筆したそうで、そんなところから今回のアイデアを思いついたのかもしれません。


120915starbucks8.jpg


よーく見ると、オーダーガイドやバリスタのハウツーマニュアルなど、nendoテイストがあちこちに見られるので、そんなところもこのショップにの楽しみのひとつになってたりします。


スタバは今後、国内で独自のショップ展開を予定しているそうですが、Starbucks Espresso Journeyはその先駆けとなる記念すべきショップになっているのは間違いないでしょう。惜しむらくは、9月に入ってもまだまだ暑い日が続いていて、ホットメニューを楽しむのがちょっとツライところ。それでも貴重な体験ができるのは今月末なので、気になる人はぜひとも訪れてみてください。


営業時間は他店より短いのが特徴で、平日11:00から18:00、土日祝10:00〜18:00(22日のみイベントのため14:00で閉店)なので、注意が必要です。


スターバックス エスプレッソ ジャーニー

(野々下裕子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.