• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,,  11:00 AM

10分でちゃんと栄養。ビジネス仕様の「スマート飯」完全食レシピをつくってみた

Sponsored

10分でちゃんと栄養。ビジネス仕様の「スマート飯」完全食レシピをつくってみた

0903smaLHtop.jpg


モバイル感覚で片手でご飯が食べられる「スマート飯」。ご飯や具材をスマートに詰めて、ハンドルをスマートに回すと、中からのり巻きのようなご飯がスマートに出てくるそうです。オフィスのデスク周りで手軽に食事できたり、読書しながら片手で食べられるとのことで、これは実際に作ってみるしかありません

容量80グラム(ただし1本1本を連結することも可)の「スマート飯」を使って、働く人すべてを支える完全栄養食を目指し、3食分を作ってみることにしました。


理想的な栄養バランスの1本をいかにつくるか。管理栄養士で東京家政学院大学客員教授の宗像伸子先生にうかがったところ、ポイントは以下の通りでした。

  • 1食ごとに5大栄養素(炭水化物+たんぱく質+脂質+ビタミン+ミネラル)をなるべくカバーする
  • 成人男性の1食分に最低限必要なカロリーは約600kcal。「スマート飯」1本の容量には制限があるので、その分、油を効果的に使ってカロリーを補う

炭水化物は、5大栄養素のなかで一番多くとるべきエネルギー源。スマート飯は主食であるご飯を食べることを中心に据えたアイテムなので、この点については問題なしでしょう。あとは、具材として、たんぱく質(肉や魚、豆類など)や脂質(油)、ビタミン・ミネラル(野菜やきのこ類など)、をどう組み合わせるか、ということになります。

また、成人男性に最低限必要なエネルギーは1食600kcalですが、スマート飯には容量的な制限があります。これをカバーするため、3食中2食はチャーハンやピラフといった、油を使ったメニューでカロリーを効果的に上げるのがいいということになりました。油は、大さじ1杯あたり約100kcalもあります(もちろん、ダイエット中の方は、この量を半分以下にするなど工夫してください)。さらに牛乳などを一緒に摂れば、より効率よく必要なエネルギーを補うことができます(牛乳200mlでおよそ134kcal)。

以上をふまえ、できたメニューがこちらの3つです。

1  2

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.