• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ebisu  - ,,  10:00 AM

iPhoneのカメラでマクロ撮影ができるようになる魔法の水滴

iPhoneのカメラでマクロ撮影ができるようになる魔法の水滴

120801macrophotowithiphone.jpg


マクロレンズは一般的に割と高価なものであり、iPhoneのカメラ用だからといって、状況はそれほど変わるわけではありません。ですが、実はお金を使わなくても、というより無料で、iPhoneのカメラレンズをマクロレンズとして使う画期的な方法があるのです。

そのやり方とは、なんと一滴の水をiPhoneカメラのレンズに垂らす、というもの。


もちろん、ちゃんとした本物のマクロレンズと同様に、いつでもどこでも使えるというわけではありません。水滴は重力に従って流れてしまうという欠点を抱えているため、撮影する角度によってはうまくいかないこともあります。それに、iPhoneも精密機械であることには変わりなく、天敵である水を使う、というのも考えてみるとワイルドすぎる発想かもしれません。それでも「Tested」の中の人たちはこのトリックに成功し、iPhoneでマクロ写真を撮影する方法を見い出したのです。

水滴を垂らす作業は至極シンプルです。iPhoneを裏返してレンズリングから水が流れて行かないようにするだけです。「Scientific American」のAlex Wildが書いていた通り、水量はある程度までは多い方が良いようです。拡大率という意味でもそうですが、水をレンズの中心にキープするという意味でも同様です。また、iPhoneと被写体は安定した場所に置いた状態で撮影するのがベストです。グリセリンでも同じことができる、というコメントもあり、確かにグリセリンなら粘着性があるので、水滴よりもコントロールしやすいでしょう。ただ、蛇口をひねれば出る、というわけではないのが難点です。

水滴マクロレンズによって撮影された画像は、想像以上に素敵な感じになっています。画像が見たい方、より詳しい説明を見たい方はTestedの記事、またはこちらのデモビデオをどうぞ。


Enhanced Macro iPhone Photography with a Water Drop | Tested via Apartment Therapy Tech

Adam Dachis(原文/訳:まいるす・ゑびす)

  • ,,,,,,,,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored by 東京四社営業委員会 2017年1月30日から新たにスタートした東京都(東京都23区、三鷹市、武蔵野市)のタクシー初乗り運賃。これまでの700円〜730円/2kmが、380円〜410円/1.052kmと近距離の移動がおトクになり、「気軽にタクシーが利用できる!」と話題となっています。では、忙しいビジネスパーソンにとって、単なる移動手段だけではなく、タクシーだからこその使い方  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.