• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,,,,,,  10:00 PM

自分の脳をちょっとダマして活性化させるウラ技ガイド

自分の脳をちょっとダマして活性化させるウラ技ガイド

120829powerupbrain1.jpeg


たとえ優れた能力とスキルが備わっていても、疲れていたり、忙しかったり、シチュエーションによってコンディションは左右されます。「ここぞ!」という時、スターをゲットした無敵モードのマリオのように、120%のパワーを発揮したいもの。

そんな都合のいい話はゲームの世界だけ...と、思われるかもしれませんが、意外に可能なのです。脳に小技を仕掛けるだけで、自分の意に沿って、頭とカラダは動いてくれます。今回は、そんなウラ技をケース別にご紹介しましょう。


■ケース1:ダラダラしたくなったとき

120829powerupbrain2.jpeg

ヒトは往々にして、将来を見通すのが苦手な生き物。「現在の行動が、先々どんな結果をもたらすか?」をよく考えず、手を抜いたり、中途半端に放置したりしたまま、ついダラダラしてしまいがちです。グズグズ癖の克服術としては、ライフハッカーアーカイブ記事「グズグズ癖を克服しつつある起業家が伝授する、グズグズ対処法」や「『今度こそ』手つかずだらけのToDoリストからサヨナラする10の方法」などでも採り上げてきましたが、グズグズ癖を攻略するためのツボはズバリ、感情です

そもそも、ヒトがグズグズするのは「すぐに満足感を得たいから」。感情と結びつかない曖昧な未来に備えるよりも、目先の幸福を選びがちなのです。また、満足を先延ばしにすると、「満足感を得たい」という欲求がさらに高まります。ゆえに、テレビを見たり、Facebookを眺めたりするより仕事を優先させようとするならば、それらよりも仕事の方が満足感を得られるものでなければなりません。そのためには「今、何をすべきか?」を知るよりも、むしろ「なぜ、それをしようとしているのか?」という理由を自身に説明し、納得させることが必要です。

例えば、「今すぐ洗濯する」というアクションへの理由は、

  1. お気に入りのシャツが汚れている。
  2. このシャツを着ると見栄えがする。
  3. 明日は大事な会議がある。
  4. 明日の会議に自信を持って臨むためにも、見た目が重要。

といったように、「やらなくちゃ」と思っている行動の背景にある理由を分析すると、自分を納得させられ、重い腰を上げさせることができます。スタートできればシメたもの。「始めることがすべて」といっても過言ではないでしょう(この重要性については、以前にも「始めることがすべてだ! ~米Lifehacker筆者のリアルな体験談」でお伝えしました)。

一方、始めた行動を続けるためには、好奇心が必要です。洗濯程度で好奇心が刺激されることはないでしょうが、壮大で飽きのこないタスクなら、脳が刺激されるかもしれません。サスペンスドラマよろしく先の読めないハラハラドキドキ感を脳に与えましょう。具体的には、一連のタスクをやり終えるまで、手を止めないこと。タスクに取り組み続ければ、「次はどうなるのだろう?」と、脳が考えます。好奇心を持ち続ければ、少々気が散るような要因があろうとも、それほど苦にはならずに仕事がはかどるはずですよ。


■ケース2:人付き合いが面倒なとき

誰しも、生まれながらにして魅力ある個性を持っているわけでも、完璧なソーシャルスキルを備えているわけでもありません。疲れていて「人付き合いなんて面倒くさい」と感じる時こともあるでしょう。

こんな時に効くのが運動。運動には抗うつ剤と同じような作用があります。不安感が軽減でき、社交的な能力を高め、シャイな気持ちを抑え、ネガティブな作用を抑えられます。効果を得るのに、ハードな運動は必要ありません。腕立て伏せ20回や、軽いウォーキング程度でOKです。「運動中、脳には何が起きているのか? 運動すると気持ちいい理由を解明」という過去記事でも、運動の効用については述べました。

また、運動と幸福感には、ある化学物質が関係しているようです。運動することにより、エンドルフィンと呼ばれる神経伝達物質が生成され、幸福感をさらに向上させます。その背景として、喜びの反応を刺激し、苦痛の信号の伝達を遮断する上で、エンドルフィンが大きな役割を果たしているとか。ブログメディア「HowStuffWorks」(英文記事参照)では、運動によって脳内で引き起こされる化学反応のメカニズムについて、次のように解説しています。

運動は、エンドルフィンの生成を刺激します。「ランナーズハイ」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは運動中に時折経験する、高揚した気持ちのことを指します。研究によると、軽~中程度のウエイトトレーニングやエクササイズではたくさんのエンドルフィンは生成されず、重いウェイトトレーニング、全力疾走、または無酸素系の激しい運動のときだけ生成されることがわかっています。

「軽い運動ではそれほど多くエンドルフィンは得られない」というのは少々残念ですが、そうであったとしても、運動は脳を社交的なモードにさせつつ、健康増進にもつながる「一石二鳥」な手段として一定のメリットはあるといえるでしょう。

このほか、神経言語プログラミング(NLP)を取り入れ、マインドセットを調整するというアプローチもあります。具体的には、「おまじない」や「呪文」のように、自分の考え方を変えるための言葉を復唱するというものです。一見、怪しい手法に思えますが、NLPは、米イェール大学で支持されており、マルコム・グラッドウェル(Malcolm Gladwell)氏の著書『The Tipping Point: How Little Things Can Make a Big Difference』でも採り上げられています。この手法が機能していることを明らかに証明するものはまだありませんが、筆者は行動を起こすように自分を説得しなければならない場面で、この手法を利用しているとか。「単なるプラシーボ効果では?」という疑いも拭えませんが、お決まりの言葉を唱えることで、自分の考え方が変わり、モチベーションアップにつながっているそうです。

やり方はシンプル。ある感情を連想させるいくつかのワードを唱えるだけです。それぞれのワードにはそれほど意味はありませんが、ひとまとめにすることで、今の考え方を変えるほどのパワーになります。例えば、脳を社交的なモードにする「呪文」として、次のようなものがあります。

笑う(smile)、楽しむ(enjoy)、見る(see)、一緒に(together)、行く(go)、いい(good)、自由な(free)、輝く(shine)

これらのワードは、ポジティブさを連想させる一般的なもの。このリストをベースに、自分に効き目のありそうなワードを加えて、自分仕様にカスタマイズすると、社交的なマインドセットへの転換に役立つかもしれません。もちろん万能のトリックというわけではなく、あくまで自分の考え方を変化させるきっかけのひとつです。「バカバカしい」と思う人もいるかもしれませんが、大して時間はかからないので、自分に効き目があるかどうかだけでも試してみる価値アリです。


■ケース3:運動するのが億劫なとき

120829powerupbrain4.jpeg

素晴らしい健康と体形への願望はあれど、実際に運動して追求する人は、それほど多くありません。「疲れる」とか「運動後のシャワーが面倒」など、言い訳はいくらでもあります。とはいえ、ちょっとしたウラ技で、運動するように脳を仕向けることができます。

ポイントは、スタートの合図となるアクションを起こすこと。脳に「今から運動するぞ」という警報を出すのです。最もシンプルな方法は、少量のカフェインを摂ること。カフェインは脳やカラダにさまざまな作用をもたらしますが、30~70mg程度の少量で、筋肉疲労を感じにくくなるそう。その上、カフェインによって多少シャキっとした気分になるので、苦行のようにすら感じる運動に必要なエネルギーを集める効果もあります。カフェイン飲料の中で、理想の選択肢は「紅茶」。なぜなら、紅茶にはカフェインのほか、テオブロミンとテオフィリンが含まれており、これらが筋肉をほぐす作用を持っているからです。カフェインをちょっと飲むというアクションで、運動に向けた第一歩を踏み出すことができます(「運動前にカフェインを摂ると効果アリという研究結果」もあります)。

このように、まずはスタートすることが一番ハードなポイントではありますが、モチベーションの維持も常に課題に挙がります。英リバプール・ジョン・ムーア大学(Liverpool John Moores University)のスポーツ・運動科学研究所の研究によると、アップテンポな音楽を聴いているとき、より頑張れるそう。適した音楽は、BPMが120~140のもの。ちなみに、曲のBPMを計測する方法としては、『BPM Calculator』(Windows) や『BPM Assistant』(Mac OS X)といったアプリもあります。また、『Jog.fm』は、アップテンポでエネルギッシュな曲を見つけるのに便利なアプリです。ただし、このようなアップテンポの音楽をプレイリスト化すれば、運動しやすくなるというわけではありません。日頃のルーチンワークでカラダが動きやすくなるよう、脳を仕向けるのに効果があるという程度です(エクササイズ用プレイリストの作り方については、ライフハッカーでも「エクササイズに最適な音楽プレイリストを作る方法」をご紹介しました)。


■使用上の注意:ご利用は「ほどほど」に

120829powerupbrain5.jpeg

残念ながら、脳がこのような小技に何度もうまく引っかかってくれるとは限りません。最初のうちはうまく脳をだまして、自分のポテンシャルを引き出すことができるはず。しかし、頻繁に使うほど慣れてしまい、効き目が落ちてくるリスクもあります。活用する上でのポイントは「ほどほど」。必要な時だけに使うとっておきの方法と捉えておくほうが賢明です。


Adam Dachis(原文/訳: 松岡由希子)

illustrated by Dominick Rabrun.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.