• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

yamauchi  - ,,  10:00 AM

買い出しが嫌いなライターが編み出した、効率的な4ステップ買い物術

買い出しが嫌いなライターが編み出した、効率的な4ステップ買い物術

120904_shopping.jpeg


米LifehackerのライターThorin Klosowski氏は、食料品の買い出しが嫌いです。そうは言っても食べなければいけないので、いつかは買い物へ行くことになります。彼は長い年月をかけて、この悩みの種である食料品の買い物を、より効率的で合理的なものとする方法を身につけました。


私は料理もあまり好きではありませんが、健康的な食事を心がけたいと思い、手間ひまかけずにヘルシーなものが作れるように工夫しています。買い物そのものも手短に、買い物リストを作って、スーパーへ行って、30分以内にお店から出たいのです。これを達成するために、配達システムを利用したり、シンプルなメニューの計画を立てたり、お店の中でちょっとしたトリックを使ったりしています。

今回は、私がまとめた買い物に関する4つのステップを紹介します。


■ステップ1:傷みにくいものは、自動の配達システムを利用
(所要時間:最初のセットアップまで最大30分、その後は0分)

約半年前、私はAmazonの「Subscribe and Save」サービス(日本では定期おトク便)を利用しはじめ、生もの以外は自動的に毎月配達されるように手配しました。どんなものを買っているかというと、歯磨き粉、せっけん、掃除用具、トイレットペーパー、シリアル、キャットフード、缶詰の加工食品などです。

ちょうどいい時期に配達されるようにやりくりするのに2~3ヶ月かかりましたが、いまでは使い切る頃に次の商品が届くようなタイミングで設定できています。最適なタイミングで配達されるようにするには、それぞれのアイテムを使い切るのにどのくらいかかるのかをリサーチする必要があります。Amazonでは、あとからアイテムを足すのは簡単ですし、実際に配送される前にはメールがくるので、キャンセルの必要があればそのときにできます。ちなみに私の場合、生活用品や食品のサイクルは以下のようになりました。

  • トイレットペーパー:月に1回
  • 食洗機用洗剤:3ヶ月に1回
  • 歯磨き粉:2ヶ月に1回
  • マウスウォッシュ:月に1回
  • 米・パスタ:2ヶ月に1回
  • グラノーラバー:月に1回
  • 4種類のシリアルボックス:月に1回

このシステムの良いところは2つあります。1つ目は「時間の節約」。お店に行って50種類の歯磨き粉の中から気に入りそうなものを選び出す、というようなことがありません。2つ目は「高額な出費に驚かない」。予算を念頭に買い物できるので、キャットフードや洗剤など、高めのものがなくなっても想定内です。

これらの傷みやすくないアイテムの買い足しについて対処しておけば、実際に買い物へ行くときには、最も大事なアイテム、つまり食品に気持ちを集中させることができるというわけです。そのためには、ステップ2で上げる「リスト作り」が大切になってきます。


■ステップ2:リストを準備する(所要時間:5分)

過去記事で、1週間分のメニューを作成して、効率よく買い物をすることを紹介しているのですが、今回はちょっとひねりを加えてあります。

私は手の込んだ料理を作れるわけではありませんが、食に関してもっと学びたいと思っています。そこで、「何を食べようか」と考えるのではなく、アプリなどを使ってレシピをランダムに選び、そこから献立を考えていくようにしました。私が気に入っているアプリは「Epicurious」。いつも20~30のレシピをお気に入りとしてストックしています。リストを準備する5分間のプロセスは次のようになります。

120909_epicurious.jpg
  1. 新しいレシピを選ぶ(1~2分):Epicuriousを起動し、1週間に1つ、新しいレシピを選ぶことにしています。まずは「夏のディナー」、「グリル」などのテーマを選び、試してみたいレシピが出てくるまで、ランダムにスクロールしていきます。

  2. お気に入りレシピと合わせて献立を決める(1分):新しいレシピが決まったら、食材を無駄にしないために、すでにストックしてあるお気に入りのレシピをその週の献立に加えます。例えば、新しく選んだレシピに鳥肉を使うのであれば、お気に入りレシピから「チキンシーザーサラダ」など、鶏肉を使うものを選ぶのです。

  3. 食材を使い切るように献立を組み立てる(3分):曜日ごとに、前日の食材と組み合わせられるような献立を考えるようにします。例えば、チキンシーザーサラダを作るなら、残りのサラダの野菜を使い切るような献立を、翌日以降に設定しておくのです。数週間この作業を繰り返すと、1週間分の献立が、上のスクリーンショットのようにスッキリと並ぶまでにになりました。

ステップ2はここまでです。慣れてくると5分で終わるでしょう。複雑なようですが、最初はランダムにピックアップすればいいですし、その後は前日の献立から膨らませばいいので、実はあまり頭を使わなくてもできる作業です。私は新しいレシピを発見するのに、「Dude You Can Cook」や「What the F**k Should I Make for Dinner」も利用します。

私はここまでしておきながら、実際の買い物リストは作りません。もちろん、リストを作成して、お店で見ながら買い物をしてもいいでしょう。でも、私はリストを物語のように頭に入れて(英文記事)、暗記してしまいます。そうすると、お店の中で効率よく動くことができるからです。そのために、Epicuriousに入っているリストを眺めて、店舗のレイアウトを思い浮かべつつ、買い物に無駄な動きがないよう順番を並べ替えておきます。

リストを作成したいのならば、『Grocery IQ』のようなアプリもあります。Grocery IQを使ってリストを複数の人で管理したい場合は、以前に米Lifehackerの記事で紹介していますので参考までに。

それでは、買い物に出かけましょう。


■ステップ3:お店の中では勝手知ったる振る舞いを(所要時間:15分)

このステップのルールはシンプルです。商品が並んでいるコーナーごとにリストをまとめ、それにないものは買わない、ということです。お店の中で行き当たりばったりの動き方をすると、結果的には時間の無駄につながってしまいます。無駄に動き回ると、必要のないものを買ってしまうこともよくあります。1回目は気にならなかったお菓子を、2回目に通った時には買ってしまった...など。

私は毎回同じスーパーへ買い物に行っているので、効率よく動くためのリスト作りは簡単です。いつも野菜売り場から始め、最後にパンを取って、お会計です。

お店の中では、必要のないものを買ったり、有名なブランドのものだからとよく考えずに手にとったりなど、買い物で失敗しないための心構えを頭に入れて行動しましょう。頭ではわかっていても、実は難しいことです。スーパーにはたくさんの種類の商品があるので、ついよく知ったブランドのものを買いたくなるし、広告も目に入ってきてしまいます。

同時に気をつけなければいけないのは、「数字のマジック」です。自分のリストにないものを買わなければ済む話ですが、「1つ買うと2つ目が半額」という広告を見たために、必要がないものを2つ買いそうになる自分を律することも、時々必要になってきます。

誘惑に負けそうになる前に、さっさとお店を出ましょう。


■ステップ4:お会計はなるべく早く済ませる(所要時間:だいたい5分以内)

ショッピングカートがいっぱいになったらレジに向かいます。もう少しで任務完了です。最後に大事なことは、早く会計が済ませられそうなレジを選択するということです。

元数学教師のDay Meyerさんによると、並んでいる人が一番少ないレジを選ぶと、それぞれが買おうとしている商品の数に関係なく、一番早く会計を済ませることができるそうです。なぜなら、買うものの数が2、3個の場合でも、会計には少なくとも1分はかかり、1つアイテムが増えるごとに付加される時間は3秒ほどだからです。私はこの説を信じているので、会計を待つ人がどんなにたくさん買い物をしていようとも、一番列が短いレジを選んで並ぶことにしています。

さらに、買い物をするのに一番適した時間は「週末の早朝(9~10時頃)」もしくは「平日の夜(19~20時)」です。この時間帯はお客さんが少ないだけでなく、私がよく行く食料品店では店員のシフトの都合上、レジに人も多くいるのです。

最後に、店舗にもよりますが、会計時にベルトコンベヤーへ商品を乗せるシステムであれば、袋に詰めやすそうな順番に置いていくようにしましょう。やり過ぎのような気がするかもしれませんが、簡単に実行できることです。自分でピックアップするプロセスが早くなり、レジの人のためにもなります。

袋詰めの順番を、パーフェクトにする必要はありません。似たようなアイテムをまとめて入れれば良いです。例えば、小さい箱モノ、野菜、肉、冷凍食品をそれぞれまとめて、壊れやすい卵などは最後にします。また、大きめのマイバッグを持っていき、ひとつの袋にたくさん詰めるようにしています。袋は重くなりますが、家に帰って車から運び込む回数が減るからです。そうそう、お会計の際にはポイントカードを出すのをお忘れなく。

私の場合、いつものスーパーまで5分で着くので、リストを作り、買い物へ行って、買ったものを家に運ぶまで30分ほどで済みます。これはひとり分の買い物ですが、家族が多い人でも、時間やお金を節約しつつ新しい食材にチャレンジできるワザとして使えるはずです。


Thorin Klosowski(原文/訳:山内純子)

Illustrated by Dominick Rabrun

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.