• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,  07:00 PM

QRコードを入れた名刺を作れる『qrnameCard』(SimpleStyle第121回)

QRコードを入れた名刺を作れる『qrnameCard』(SimpleStyle第121回)

120909simplestyle01.jpg


SimpleStyleは、ライフハックできるツールを実際につくり、使い、役立てるライフスタイルを紹介します。

Windows用: ビジネスにおいて、名刺はとても大切なツールのひとつです。初対面の相手と話をするときに、相手の名前や所属を確認して、間違えないで表現することは、コミュニケーションの第一歩だからです。

第一歩ではあるのですが、そのあと名刺をどう活用するのか、「第二歩目」につなげる方法は千差万別です。名刺をデータ化したり、名刺の賞味期限は短いので(たいてい3年くらいで部署変更になる、昨今は部署の統廃合なども多い)、データにするより実物を持ち歩く、ファイルに入れる、ボックスに入れる...、などなど。

名刺に会ったときの日付や相手の特長を書き入れたり、なんて方法もあります。名刺の表側は相手の顔だから、書き込みをするときには裏側にするとか、なんとかかんとか...。


2012_0904_1250_06.jpg

■名刺交換を再定義する

わたしは、8年前には、名刺交換のときに名刺そのものを交換せず(いただかず)、代わりに記念撮影もする(断られたときにはしない)、という方法で「名刺交換」をするようになりました。

名刺の実物をいただいても、たいていはデジタル化してしまうのです(文字はテキストに、名刺そのものはスキャナかデジタルカメラでデータ化)。それなら、お会いしたその瞬間にデジタル化してしまうのが、もっともよいと考えたためです。

名刺とお顔が交互に写っていると名前と顔を一致させやすいし、撮った写真には日時があるのでいつお会いしたかが一目瞭然だし、写真はその日のさまざまな行動もあるのでどこでお会いしたのかなどのシチュエーションも思い出しやすいからです。

さらに最近では、その写真を相手にお送りするようにもなり、写真をきっかけにコミュニケーションをつなぐようにもなりました。

単に写真を撮るだけでなく、それをコミュニケーションにつなげる点で、この「名刺交換」が新しいスタイルとなるのではないかと考えるようになりました。


■名刺交換・NEO

もちろん、わたしは「未来生活デザイナー」を名乗り、ライフログの研究をしていて、行動じたいが「変」だと思われていますので、このような名刺交換をしても「美崎薫だから」と評価されています(余談ながら、こういう風にはみ出しているのは「楽」ではあります)。

それを誰にでも広めるのはちょっと違うのではないか、いとう気もしなくもないですが、いややはり、「よい」と思ったことはじゃんじゃん提案していきたいと、思うわけです。

そこで、まずは名刺にQRコードを組み込むあたりから始めてみます。

名刺の画像ファイルを用意して、ドラッグ&ドロップし、右側のQRのテキスト欄に適当な文字を入れてsaveすると、QRコードつきのファイルを作成できます。画像ファイルは、劣化しないpng形式で、1060×640ピクセルくらいがよいようです。

これを印刷すれば、自由なテキストを埋め込んだQR名刺のでき上がりです。ちなみに、QRコードの色は、ポインタで選択した画面内の任意の色を設定できます。


2012_0904_1255_13.jpg


■ワンポイントと今後のシステム展開

Androidをストレージとして接続した状態でsaveボタンを押すと、AndroidのSDカード内に、作成した名刺を保存できます。となると、今後の展開は...、期待してください。


FinePix 007_40persent.jpg


qrnameCard』は、Windows用の無料ツールです。Windows7で動作テストしています。利用には.NET Framework4が必要です。

QRコードのエンコードには、kyoshoさんの『LibQRCode Version1.1.1』を使用しました。

ご意見は、コメント欄やFacebookTwitter、はてなをご利用ください。


[qrnameCard]

(美崎薫)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.